2010年04月07日

米軍基地が何処かより自衛隊基地に何を配備するかの方が重要

 遂にこの日が来てしまいました。

宮崎正弘の国際ニュース・早読み 
 平成22年(2010年)4月7日(水曜日)通巻2932号 (4月6日発行)
ロシア、高性能地対空ミサイルSA30を中国に売却した模様
 総額20億ドル。160キロ先から飛行中の航空機を撃墜できるシロモノ

 ビジネスウィーク・ブルームバーグ(4月4日付け)に拠ればロシアは20億ドル相当の高性能ミサイルを中国に売却したようである。
 すでに2007年から09年にかけてロシアはS−300ミサイル固体燃料を十五基売却しており、中国からみれば、1990年代初頭からの累積で27基の固体燃料を購入した計算となる。
 S―300は西側コード名が「SA30」。
これは飛行中の航空機を160キロ先から撃墜できる。ステルス化を米国がいそぐ理由は、このロシア製ミサイルの驚異から戦闘機、爆撃機をまもるためである。
 ということは我が自衛隊の保持するF15迎撃機はもはや中国空軍にとって脅威ではなくなったことを意味する。
 米国はF22ステルス開発を中断し、F35開発に切り替えるが、この高性能ステルス機を日本に供与するか、どうかは不明。
(だって普天間基地で揉めていて、鳩山の信用はゼロ、おまけにイージス艦の機密を自衛隊員がハニートラップに引っかかりシナの女スパイにばらしてしまった国でもありますからね)。

 地政学的にはF35の使い勝手に疑問符が付きますが、打ち落とされると分かり切ったF15Jに大切な自衛官を乗せるわけにはいかないですからね、絶対に。今この瞬間に丸腰になってるも同然のパイロットに、防衛相はどんな訓示を垂れやがりますか?

posted by あんぽんたん at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

不穏分子を特定できない中国公安

 折しも、ロシアで爆破テロが有ったわけです。こんな幕引きは吉凶で言えば凶と出る筈。それでも収束させたのは明らかに対日の報道である証ともなりましたな。

宮崎正弘の国際ニュース・早読み
 平成22年(2010年)3月30日(火曜日)通巻2924号
奇々怪々、謎だらけの毒餃子事件「解決」?
 中国は何が目的で、つぎに何を狙って手打ちを急いだか?

 毒餃子事件は2008年初頭のはなし、中国は「犯行は日本で行われた」ととてつもない強弁をもって幕引きを図ろうとした。なぜか直後に日本のスーパーで注射器が発見されたり。
 ところが中国国内でも被害者が続出し中国の公安当局は顔色を変える
 
 捜査は二年に及んだ。犯人の検討は最初から付いていた形跡がある。
 第一に天洋食品という国有企業の「格」の問題がある。当該企業には「社長という表の顔の裏に書記が共産党から派遣されている。末端の行政単為でもそうであるように、たとえば市長より市書記のほうが格段に政治力が上である。

 第二に地元の公安責任者が捜査途中で他に飛ばされた。捜査の責任者は中央からやってきて仕切り直しをしている。
つまり地元公安と企業幹部とが組んでの過去の捜査を振り出しにもどした。地元公安は中央の顔色をみていた

 第三は、この事件を「どういうストーリーで解決させるか」という問題が浮上する。
 真相はどうでもいいことで、いかなる物語をでっち上げて日本に呑み込ませるかが最大の政治課題なのである。

 犯人は待遇に不満、ボーナスが貰えない、実家が貧乏という、日本の同情を誘うような人物が良い(おそらく単独犯ではないだろう)。かくて物語は作られた。

 犯人は16日に自白した、という。スケープゴートにされたのだが、裏取引があったとも考えられる。

 27日深夜には鳩山首相に伝えられ28日に公安の記者会見(新華社も来たが、殆どは日本のメディア)、そして29日早々には鳩山首相と岡田外相の談話が手際よく発表される。「解決にいたった捜査努力を評価し、中国政府の努力に感謝したい」。

29日の中国メディアはトップ扱い(たとえば人民網電子版)。
 「これで解決した」という公式発表となる。
 (誰だ、こんなシナリオを演出したのは?)

posted by あんぽんたん at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

未だに普天間普天間、嗚呼、能天気。

宮崎正弘の国際ニュース・早読み 
平成22年(2010年)3月27日(土曜日)通巻2921号 <3月26日発行>
中国の核兵器貯蔵の全容、米国シンクタンクが詳細な報告書
 「プロジェクト2049」が暴いた中国の核兵器隠匿と運搬状況

 中国共産党にとって、これほど不愉快なことはないだろう。内部の国民どころか共産党の幹部にさえ教えていない核兵器の秘匿場所、その操作システムを余すところなく米国のシンクタンクが“ばらした”のだから。
 バージニア州にある超党派のシンクタンク「プロジェクト2049は中国の西北部陝西省の太白山付近にある基地22という秘密都市地図には出ていないの地下に建設された大規模な核兵器貯蔵庫ならびに核兵器の操作システムを報告書にまとめた
 このニュースを最初に伝えたのは「デフェンス・ニュース」(三月初旬号)。その後、産経新聞も3月18日付けで伝えた。中国内では英字版の「環境時報」が報じたのみ。
 最大の衝撃はなにか?
 秦嶺山脈のなかのひとつ、太白山をまるごと堀って、450キロ平方にも及ぶ貯蔵基地と鉄道による連絡網、まるで地下要塞がすでに完成している事実だ。
 ここにおよそ400発の核弾頭を秘匿しているという。
 しかも、この要塞は大陸間弾道弾発射基地としての地下サイロの役割ばかりか、秦嶺山脈のトンネルをあちこち縦横に繋げて、運搬ルートを多様化させ、列車とトラックにより中国の六カ所にあるミサイル発射基地と結んでいるという機動性向上の事実。
 報告書をまとめた中心人物はマーク・ストークス元駐北京米国大使館付き駐在武官。ペンタゴンの専門家として知られるが、世界的は軍事評論の世界では無名に近い。
 「おりしも米議会はオバマのヘルスケア騒動に明け暮れて、この衝撃的報告書は議論の片隅に押しやられたのも、米国内の保守派の政治利用を恐れたからだ」(アジアタイムズ、3月26日付け)。
 むろん、防衛とは何かが分からない政治屋が防衛大臣をつとめる我が国ではこの衝撃の報告書に関心が払われた形跡もない

posted by あんぽんたん at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。