2006年07月07日

非難をあびる、優れてない論理

あびる優、引退も考えた…出直し誓った20歳の誕生日
(前略)
 「(当時は)テレビで発言することがあれほど注目されてるんだとは気づかなかったと反省を口にしたあびる。「もう(芸能界を)辞めようかな」と本気で引退を考えたが、母親から悔しいと思うんだったらもう一度頑張ってみて、逃げるのは簡単な選択」と励まされ続行を決意。「仕事がしたくてもできない状況になって、仕事が好きだったことも気づきました」と20代に向けて新たな決意も見せた。
(後略)

 反省してないんですけど。(笑)
 って言うか、干された事を逆恨みしてますな。泥棒が問題だったのに、番組のネタにした事が失敗だと言ってますぜ。違うでしょ?で、それを焚き付けてるのが母親だってことで、あー、この親にしてこの子ありですな。もうちょっとできる子かと思ったのに、なんだかガッカリです。
 こういう時、親は子に何て言うべきでしょうか。「誰がなんと言おうと私は子供を信じてます」でしょうか?往生際の悪い人殺しの親に多い最後の言い訳ですな。子供の将来を潰したのが自分だと気付かないんでしょう。「悪い事をしたら報いを受けなさい、何が悪かったか理解してからやり直しなさい、その時は応援するから」なんでそう言ってあげられないんでしょうね。可哀相な子だと思う・・。
posted by あんぽんたん at 11:28| Comment(2) | TrackBack(0) | アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

本田美奈子.ちゃんの思い出

訃報:歌手の本田美奈子さん、急性骨髄性白血病で死去
 本田美奈子さん38歳(ほんだ・みなこ<本名・工藤美奈子=くどう・みなこ>歌手)6日午前、急性骨髄性白血病のため死去。葬儀は9日午前10時、埼玉県朝霞市溝沼1259の1の朝霞市斎場。自宅は非公表。喪主は母美枝子(みえこ)さん。 
 85年にデビュー。92年にミュージカル「ミス・サイゴン」に出演したのを契機に、近年は舞台で活躍していたが、白血病のため今年1月に入院した。

 85年の夏頃だったか、俺はよみうりランドに行った。美奈子ちゃんを生で見る為だ。正直なところ、二十歳を超えたこの歳で?という思いはあった。けど。どうしても見たかったんだ。ラジオで歌声を聴き、シビレた。なんてカッコイイんだ!と。友人に雑誌だかの写真を見せてもらい驚いた。こんな可愛いコがあの歌声を?デビューシングルの"殺意のバカンス"と"好きといいなさい"しか持ち歌がないから、この曲を交互に繰り返し歌っていた。でも飽きることは無かった。天才とはこういう人のことだと思った。すぐに大きくなっていくと直感した。こんな近くで見られるチャンスは最後だと、目を凝らして見つめた。いわゆるアイドルイベントに行ったのはこれが最初で最後だ。
 CDは車に積んでいる。カッコイイ。上手い。もうすぐ帰って来るんだと思っていた。神とはかくも残酷なものなのか。
posted by あんぽんたん at 14:37| Comment(0) | TrackBack(1) | アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月15日

円満な"卒業"を待てない"脱退"の意味するところは?

 妊娠してんじゃないの?と思ったり。半同棲なら当たり前。
 しかし、フライデーが別のでかいネタを掴んでてて、事務所との申し合わせで矢口っつあんをトカゲの尻尾にした予感を払拭できない。現在のメンバーでセクシャルなイメージ(恋愛とはセットですから)が許されるのは矢口っつあんだけだ。新リーダーがよっすぃーだとすれば彼女は白。ミキティは既出。梨華ちゃんは卒業間近。まさか、淫行になっちゃうようなメンバーの醜聞とのバーターじゃなかろうな、なんてことまで考えてしまう。猛烈な勢いで増えているU15アイドルの存在自体に大きな影響が出るからな。
 更に恐ろしい想像では、恋愛だセックスだなんてメじゃないブラックなネタが控えてるんじゃないか、と思ったり。魑魅魍魎(ちみもうりょう)はほりえもんの周りだけでなくアイドルの周りにも巣食っとりますからな。ペドフィリアの芸能ゴロヤクザに子供を差し出してないと誰が言い切れようか。子供が麻薬に犯されていないと誰が言い切れようか。
 そんな風にまで想像を膨らませるほど、今回の"脱退"は腑に落ちないのだ。
posted by あんぽんたん at 17:43| Comment(2) | TrackBack(1) | アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月06日

もしもツアーズに出てたあびる優の口数が少なかった件について

もしもツアーズ 春を求めて南国の楽園宮崎ツアー(2005/03/05)

 ご丁寧に収録日をテロップで入れての放送。なぜならゲストがあびる優ちゃんだから。チリちゃんのゲスト紹介も無しで、収録日と共にテロップでゲスト名を出した。市長が出演するほど宮崎市の協力があったからか、この回自体をお蔵入りにする事もできなかったんだろう。ほりえもん出演の平成教育委員会は飛ばすけどな。(笑)で、大急ぎで編集し直したのか、優ちゃんはその場に居ないに等しい扱いになっていたが、つなぎ目が雑。ウチの家族みたいな素人目にも優ちゃんは不自然な切られ方してると分かったようだ。なんでそうなってるのか聞かれたので、カミングダウトの窃盗告白以降の経緯を説明することとなった。知らない人も居るんだから、変な隠し立ては逆効果なんじゃないか?
 活動自粛はいいとして、周りの大人達の腫れ物に触るようなこの扱いっぷりは何なんだ?暫くすればシレっと画面に出すくせに。犯罪歴さえネタにするのがテレビ界でしょう?元珍走、元ヤンキー、未成年喫煙、未成年飲酒、淫行、乱交、暴力。みんな面の皮厚くしてテレビに出てるじゃん。いい歳して薬物使用や脱税する人間すらのうのうと"芸能人"してるじゃん。要するに、本人の自白とホリが引く形だったもんだから"控えてるだけ"なんでしょ?ただ単に世論を恐れて"控えてるだけ"なんでしょ?そこにはメディアとしての犯罪に対する毅然とした対応なんてものは無くて風見鶏なだけ。こういうのを卑怯という。
 日テレは、盗みを自白した優ちゃんの映像を放送したんだから、その分別の付かない小娘と同じ感覚でしか犯罪に対する認識を持っていないという事だ。更にその内容にOKを出してるホリも同様。優ちゃんが元々社会性に欠けていた事は今までの発言などから見て取れるが、テレビもホリもそれで良しとしてきたんじゃないか。ここまで大人達が間抜けでは、番組で自白させられて、それを電波に乗せられた優ちゃんも不幸だ。
 一つの可能性としては、漏れ聞こえる優ちゃんの背後関係を気にして切りたくとも切れなかったホリやマスコミが、わざと自白という形をとらせる為にカミングダウトを利用したとも考えられるが、これはあくまで俺の妄想。しかしもしそうだとすれば、もう優ちゃんを見る事はできないのか?優ちゃんの復帰の有無、或いは復帰するならその方法で、どんな裏が潜んでいたのか、もう少し見えやすくなるだろう。
posted by あんぽんたん at 01:51| Comment(2) | TrackBack(2) | アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月13日

片瀬那奈

 危ない危ない。久しぶりに公式サイトを見たらアルゼンチンの写真がアップされてるわ、avexの方を見たらニューアルバムもリリースされるんやんか。3月2日って、もうすぐやん!危なかったー。
 けど、アルバムはベスト版。唯一"14,GALAXY〜Dub's Find Frontier Remix〜"っつーのが気になるが・・どうしよう・・。そして例によって初回版と通常版で違うジャケ。もうね、avex、いったい俺にどうしろと?この歳で萌散財は勘弁・・。今回はDVDだけにするか?デッキもドライブも未だに持ってないけどさ。
 最近どうもネット巡回に限界が来ている。時間が足りない。kenonメルマガ取るか?いや、しかし、これ以上メール読む時間も・・。いやいや、歌手片瀬那奈に無限の可能性を見ている俺としては・・。
posted by あんぽんたん at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月07日

苛めやすい人が苛められる、人類の悪しき社会習慣

安倍なつみが復帰会見

 どこかで聞いた心地良いフレーズが口をついてしまう。ゼロからの創造であっても既存のものに似ているものが有る。世界中の何ものとも似ていないものを作る事ができるのか。芸術とデザインの境界線も難しくなっている。
 そんな中で、誰かを人柱にして楽しもうという輩が目を付けているのが著作物だ。なっち、何故活動自粛する必要が有る?河口某やオレンジ某や、もっと堂々と、しかもそれそのものが直接金を生み出す形で、"そっくりさん"を"創造"してはばからない人も居るのに。結局、言ったモン勝ちな著作物の"そっくりさん"。その人柱になったなっちだが、何故なっちだったのか?
 河口某やオレンジ某を苛めても得られず、なっちを苛めれば得られる快感が有る。それは社会的な精神ストレスの捌け口でもあるし、性的な変態性でもある。鉄パイプを曲げようと力を加えても疲れるばかりで面白みは無い。しかし、ゼムクリップなどの鉄線は曲げて曲げてまた曲げて、ねじ切れるまで曲げ伸ばしを繰り返したりする。こんな意味の無い手遊びでも、ねじ切れた時に人間は快感を感じている。苛めても苛め甲斐が無ければ苛めない。なっちが反省し、活動を自粛すればするほど人々は快感を感じている。その快感を世論と称して利用し、何かしらの儲けに繋げようとする腐れ野郎がいる。俺にはこいつの暗躍を暴き出して火炙りにする事の方がよっぽど快感なのだが。
posted by あんぽんたん at 14:38| Comment(2) | TrackBack(1) | アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月06日

イエローキャブお家騒動に見る日本人の親離れ事情

 野田社長のブログ自分の過去ログを見てみたら3ヶ月に1回のペースでTバックしてます。ぴったり3ヶ月目に大きいネタが来ちゃった。

 一見ワンマン経営かと思われたイエローキャブだったが、ハイエナやシロアリに蝕まれてたんですな。組織が大きくなってしまうと成功の秘訣だった理念や手法を離れたところで有象無象が蠢きだす。2ちゃんねるで言うところの"例の法則発動"です。日本という国を鏡に映しているようです。
 よく、己を一人前だと勘違いして組織(国から家庭まで)を飛び出る若造がいます。成功する者もいるけど、殆どは失敗してまた別の組織に埋もれます。なぜ自分は社会に存在できたのか・・・組織の恩恵を己の力だと勘違いしてるんですな。自分に力が付いて組織を卒業できる段になれば、師匠の下を離れるのは恩返しでもあり、DNAの拡散という生物の本能に忠実な行動でもありましょう。しかし、カルトやら何やらにそそのかされて師匠の下を離れた人は悲惨です。子供たちの未来に対して決して良い結果とはならないだろうに。
 人は変わりにくいものですからね。己と所属組織と社会、今まで安定していたこの三角関係のバランスが崩れた時、バランス安定の為に変わらなきゃならないのは己ですからね。大変ですよ、今まで通りにできないってのは。ただ、今まで伸び悩んでいた人にとってはバランスの崩壊は良い方向へ転がるきっかけとなり得ます。今回の騒動ではそれが唯一の光明ですか・・。
posted by あんぽんたん at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月31日

ありがとう、チェ・ジウ!

チェ・ジウ「勇気と希望取り戻して」新潟に義援金
 (前略)ジウが単独で緊急会見を行い、新潟県中越地震の被災者に1万ドル(約105万円)の義援金を送ることを発表した。
 (中略)
 韓国でも同地震のニュースが報じられており、ジウは来日前から寄付を決意。国外に持ち出せる限度額の1万ドルを現金で用意し、来日した27日に映画の配給元の東芝エンタテインメント関係者に託した。義援金は同社が保管し、受け付ける機関を調べているといい、ジウの願いを乗せて近く送金する。

 金額の大小が問題ではないんだけど、それでもまさか1万ドルとは!大スターだから出せる金額と思って遠慮なく頂きたいです。日本や他の海外の芸能人でも義援金を出してる人がいると思うんで、マスコミはそういうのもっとちゃんと報道せよ!
 
posted by あんぽんたん at 05:40| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月28日

3日から無理を承知の48時間に短縮で予定調和の殺人儀式か

とは言え、ぬるぽ鯖にムービーが上げられたと判って、にわかに胡散臭くなってまいりました。
posted by あんぽんたん at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月11日

10.9 IWGP選手権試合

嫁バカ日誌で鬼嫁がフォローしまくり。ラスカチョファンとしては泣けてくる。健介選手も藤田選手もハメられただけ。新日本はマジ駄目だわ。タイトルの権威はベルトを巻いている選手が誰かや、団体の集客力で決まるもんじゃない。タイトルマッチの試合内容がベルトを育てるし、しょっぱい内容はベルトの価値を下げる。しょっぱくなったベルトを巻くと選手の価値まで下がるデフレスパイラル。ベルトをリングに置いて帰って正解!かつてのIWGPを巻いた健介選手とWWWAを巻いた北斗氏にはそれが痛いほど分かっているだろうし、藤田選手もベクトルが違うとは言え同じ思いだろう。しかし新日本フロントは分かっていなかった。
テレ朝でも新三銃士などという妄想単語を大っぴらに使い始めたが、この中から本当にチャンピオンらしいチャンピオンが現れるにはあと数年。それまでは今現在のチャンピオンらしいチャンピオンが手っ取り早く欲しかった。新三銃士の名を上げる為の噛ませ犬が必要だった。かつての長州選手や馳健と同じ図式だ。が、藤田選手を始め他団体のトップは噛ませ犬にならないし、新日内のヘビーはオーラが薄れてる。藤田選手を外し健介選手をベルトに絡ませたかったんじゃないか。新三銃士も他の新日選手もみんな嘗められてる。この手法は高山選手で功を奏しそうだったが、高山選手は腐れフロントが思ったより賢かった。健介なら、とでも思ったか?嘗めんじゃねーよ!不器用で真っ直ぐな愛すべきプロレスバカを姑息に利用しようとしやがって!
健介選手はNOAHへ行った方がいい。IWGP持ったまま。全日でもいいし、ZERO-ONEでもいい。健介選手とIWGPタイトルの価値を回復するには新日内で戦っていては駄目だ。高山選手や藤田選手のように新日と距離を置き、それでも尚IWGPチャンピオンとして試合に臨む事が、過去数度の健介選手の冠タイトルの威厳を保つ事でもあるはずだ。
posted by あんぽんたん at 02:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月30日

カモ

強制連行の中国人に解決金、日本冶金工業と和解

戦時中、中国から京都府加悦町の大江山ニッケル鉱山に強制連行され、過酷な労働を強いられたとして、中国人6人(うち2人死亡)が、国と日本冶金工業(東京)に計約1億3000万円の損害賠償などを求めた訴訟は29日、同社が解決金計2100万円を原告側に支払い、大阪高裁(下方元子裁判長)で和解した。
国との訴訟は継続する。中国人の強制連行訴訟で、企業との和解が成立したのは、秋田県の花岡鉱山訴訟(2000年11月に和解)に次いで2件目。
中国河南省在住の劉宗根さん(74)ら6人が1998年8月に提訴。昨年1月の1審・京都地裁判決は、強制連行と強制労働を国と同社の共同不法行為と認定したが、賠償請求権が消滅する「除斥期間」などを理由に請求を棄却した。同高裁は昨年12月に和解を勧告し、同社が1人当たり350万円を支払うことで合意したが、国は和解を拒否した。
1審判決によると、原告らは44年8月ごろ、旧日本軍に連行され、終戦まで強制的に働かされた。作業時間は1日14時間を超え、食事は不十分で賃金も支払われなかった。
下方裁判長は、和解前文で「終戦から約60年、提訴から6年が経過し、原告らも高齢になっていることを思うと、長期審理を回避し、早期解決を図ることが強く望まれる」と述べた。
補佐人として原告を支援してきた中国人弁護士の康健さんは「日本政府と企業が、あの戦争が中国人に与えた災難を直視しない中、同社が一定の決意を持って行動したことを肯定したい」と話している。
日本冶金工業総務部の話「裁判所の考えに賛同し、和解に応じた」

裁判所ぐるみで"和解狙い"の様相がありありと。
posted by あんぽんたん at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月25日

"かってに改蔵"化していく眞鍋かをり

テイストが非常に似ています。久米田康治氏と。玉に致命傷にならない程度に・・。
posted by あんぽんたん at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月14日

芝居の大変さ

音楽やスポーツ観戦と同じように芝居も"生"がイイ。テレビで観ていてもそれはそれで満足だが、あのライブ感は中毒性とも言える吸引力がある。その一方で"生"には"本物"が要求される。カップラーメンばかりでなくたまにはラーメン屋へ行きたいもんだが、ついお手軽に済ませてしまう。そういう日常の中で行ったラーメン屋でがっかりする事ほど悲しいモンは無い。芝居の舞台もおいそれとできるモンじゃない事は容易に想像できる。誤魔化しの効かない時間の流れの緊張感を克服する事がどれほど大変か。つくづく、舞台に立つ役者は凄いよなあ、と思う。

そんな大変な現場で、"山田まりや、ただ今勉強中!"、と野田社長は仰るが、"ただ今"ではちょっとまりやちゃんが可哀想かも。"益々"ぐらいではないかと・・。

まりやちゃんと言えば"三匹が斬る!"、ってのは俺だけか?時代劇は大変だと聞く。素人目に見ても画作りからして現代劇とは違うし。正直、初めは"え?"って思った。序の口を飛ばして幕下付出しから始めるのは本人にもプレッシャーはかかるだろう。しかしまりやちゃんは上手くクリアしていったみたいだ。もしかするとあの頃"女優山田まりや"が誕生したんじゃないか、と思ったりする。俺の中での山田まりや像が変わったのはあの時だったから。少なくとも俺には確かにそう感じられた。だからまりやちゃんは学校だったら卒業しているくらい勉強していると俺は思ってる。舞台芝居で勉強中なのは"更に"とか"益々"だと評価してあげてほしい。(親に等しい野田社長だからこそ"一生勉強"と言い続けるんだよね。それは分かってるけどね)
もっとテレビのバラエティで見たい、という思いはあるけど、確かに舞台ができる役者は息が長いようだし、将来の楽しみの為には我慢のしどころか。

さて、MEGUMIちゃん出演の水戸黄門の秋SPが来週に迫りましたな。朋ちゃん、SAYAKAちゃんとの3トップではあるけど、この豪華出演者の中に名を連ねてるだけで凄い。期待大!あの福本さんも出るみたいだし。
posted by あんぽんたん at 04:40| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月11日

馬すげー!

報告。"サムライ魂発見ツアー"、観ました。
普通の観光番組かと思ったらちょっと違った。"サムライ"をキーワードにした映画紹介番組だったのね。なら、寛平さんが駄目なら照英君が飛ばないとねえ。ラストサムライとロードオブザリングのロケ地巡りは良かったけど、内容詰め込みすぎだし、全体の組み立てが分かり辛かったのが残念です。
で、この番組を観て怜ちゃんに注文。

痩せすぎです!

もう少し太らんとおっちゃんは心配や・・。
posted by あんぽんたん at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月01日

安めぐみ

コオロギ・オブ・ジョイトイの衝撃真っ只中で、あえて安めぐみちゃん。
ブログブログと流れていく中でこの手書きメッセージは貴重。もちろんブログ形式で手書きでもイイんだが・・。各アイドルの日記更新ペースを見ても、かをりちゃんのペースは明らかに楽しんで書いてるように見える。それはまるで面白ネタを提供する為のもののようだ。結果としてプライベートな情報の割合は多くない。クリエイターに徹しようなどと考えての行動でないなら、やはり天才と言うしかない。が、一方で"親しみ"が上っ面になっていくような感覚がある。贅沢な悩みだが、両立は難しいということか。安めぐみちゃんは今年に入ってからテレビへの露出が増えてきているが、手書き日記は続いている。俺はフォントより手書き文字に有難味を感じるタイプだから、願わくばこのアナログな安めぐみちゃんの日記が続いてほしい。tcupを買ったGMOあたりが目玉として誘致してもいいと思うんだがね。
posted by あんぽんたん at 04:31| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月28日

コラッ!

苦言

自分の身体だから自分の責任だ、なんて思ったら大間違いだぞ!病院には病院の責任が有るし、万が一の場合周りの人達に影響が出る。スポーツ紙が面白がって"眞鍋かをり医療ミス"なんて書いたらどうなるのか。点滴担当の看護士の人生設計を奪うかも知れん。車でスピード制限が有るのと同じだよ。これは風邪を引いた責任の100倍も1000倍も重い。
自分を大切にする事が他人への配慮でもあるのです。

・・あ、これはまた釣りかな?まあいいや、釣られよう。

<引用>
仕事の空き時間にかかりつけの病院いって、
『抗生剤とビタミンBとプラセンタ入れてくださいな』
とごはんやさんのような勢いで注文。
ベッドに寝かされ、針を刺されて上をみているとポタポタと液がおちてきました。
短気な私は
『…おそっ……』
と思い、
看護士さんに
『最速でお願いします』
と頼んでみた。
『あまり速いとよくないので、気持ち早めておきますね』
と何やらスイッチをいじると、少し落ちてくる速度が早まった。
でも、ほんとーーに気持ち程度しか早まっておらず、もどかしさはかわらない。
…………まだ遅いんだよ…
と心のなかでつぶやき、その看護士が部屋を出ていなくなったところで
勝手にスイッチを最速モードにON。
液の落ちる速度が劇的にはやまった。
みるみる液は体内にとりこまれ、あっという間に点滴はカラ。
戻ってきた看護士さんは
『もうおわったんですか!?』
と驚いて、しばらく不思議そうにしていたが、シラを切り通しておいた。
…とくに悪影響はいまんとこないです。
あ、風邪も治りました。
大丈夫です。
posted by あんぽんたん at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月18日

目が覚めた!

オリンピック見てて眠くてしょうがない。今日はバレーとソフトと・・。ちょっと仮眠するかなな・・・、

と思ったら、室井祐月氏のブログで目が覚めたよ!

あああああーー、カワイイよう!
早速マイピクチャ内にmuroiフォルダ作って保存しました。この歳になって画像集め再燃か?俺。ちょっと心拍が早いのは寝不足のせいかイイ女のせいか。
posted by あんぽんたん at 10:56| Comment(0) | TrackBack(1) | アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月15日

愛エプ

愛エプ見た。吉井怜ちゃんはキレイどころ用の赤コーナーだ。やっぱりと言うか、黄色と青が強烈過ぎてちょっと可哀想だ・・。そんな中、今回の出色は勝っちゃんだった。まだ見てない人用にネタバレは止めるけど、考えてみると今まであの青と上手く絡んだタレントって居なかったと思う。結果としてヤな女イメージとなっていったわけだが、番組内で誰もフォローできないからそのイメージが増幅されていく。このままじゃ芸人として潰れるんじゃ?と思っていたら勝っちゃん登場。青も正直なところ助かったんじゃなかろうか。いい仕事しますなあ。
前にも書いたけど、作り出されたイメージの芸能人は見たくない。よっぽど作り込まれてないとイタイんよ。とりわけバラエティに出る時の芸能人の言動は、やっぱり"素"が一番だと思う。親しみを持ったり感心したりするのは作られた言動に対してじゃない。面白い事が最優先の芸人は別だが、アイドルや役者はバラエティでは"素"を見せてほしい。"素"を出す場としてはブログも同じで、ネット上のブログや日記でげんなりしたアイドルも少なくない。俺が吉井怜ちゃん一押しなのはやっぱブログを読んでるからだろう。眞鍋かをりちゃんのブログもなかなかで、ブログを読めば読むほど"かをりちゃんの中の人は元気な少年"だと見えてくる。対して"怜ちゃんの中の人は20歳前後の優しい女性"だ。ギャップの有無という観点で好対照で、面白い現象だ。
"中の人"がハッキリ見える事は、ネズミーランドではタブーでも、今時の芸能人には重要な事じゃなかろうか。今回の愛エプで一番"中の人"が見えたのは勝っちゃんだった。"中の人"はかなり後輩思いのイイやつだった。少なくとも俺の中では勝っちゃんの評価は更に上がった。これからの怜ちゃんには、今回の勝っちゃんのような"中の人"の見せ方を期待したいな。
posted by あんぽんたん at 04:46| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月07日

変な宗教にハマるとこうなっちゃうのね

おさる:「モンキッキ」に改名

億単位もらわんと合わんね。松尾貴史の意見が聞きたい。色んな角度から。
posted by あんぽんたん at 15:36| Comment(2) | TrackBack(0) | アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月26日

愛のエプロン、キターーー!

これは楽しみ!大好きです、この番組。眉間のしわメーターが上がりませんように。リベンジって事は少なくとも特エプではないんだなー、フフ。8月14日を忘れないようにTバック。でも包丁じゃなくカメラを持って?ナンでしょう?
posted by あんぽんたん at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。