2004年11月05日

勝谷氏と小田嶋氏、ちょっとワクワク

吉本言論人

■2004/11/05 (金) 『Yomiuri Weekly』小田嶋隆さんのコラムに駁す・1。

 小田嶋氏は刀抜いちゃってるね。けど先走りを自覚してて鞘に戻そうとしてる感じ。相手にされないみたいなんで、失礼仕った、も無しに鞘に収められそうだ。勝谷氏の方は読みはじめ、これは勝谷氏らしくねーじゃん、と思ったけど、問題視してるのはYomiuriWeeklyの方なのね。尤もだし落としどころとしてベターかな。これで小田嶋氏がまた反論記事上げるようなら、勝谷氏も真剣抜いてくるかもね。今んところは小田嶋さん、ケリーさん見習いなさい、ってとこか。
 YomiuriWeeklyの小田嶋氏担当編集者だけが軋轢で身体がねじ切れそうになって半泣きなのが目に浮かぶ・・。


posted by あんぽんたん at 10:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

小田嶋氏潔し!
Excerpt: 記事全文  ワクワクした俺が釣られたもよう。流石です。俺の引き際予想は外れてしまいました。けど実は両氏のファンである俺としてはうやむやでなしに収束するのは歓迎ですわ。YomiuriWeekly編集方..
Weblog: アホが見ーるーブタのケーツー
Tracked: 2004-11-06 12:04
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。