2007年09月21日

マスコミはこのトンデモ発言を徹底的に取り上げなさい

 以下は極一部の抜粋だが、今まで散々政治家の言葉尻を捉えてあーだこーだ書きなぐってきたマスコミさんだからして、これも当然徹底的にリピートの嵐&バッシングしてくれるんでしょうね?もしやらないとしたら・・・。

民主党メールマガジンDP-MAIL 第320号
(前略)
<山岡賢次国会対策委員長 9月20日会見要旨>
(中略)
 戦争の多くは、「殺されたから殺すという報復から始まっています。ですから、戦後60年経って、「いつか来た道」に戻してはなりません。こと安全保障については原理原則を犯してはならないのです。
(後略)

 するってえと、アレですかい?日本の真珠湾攻撃の時点ではまだ戦争ではなく、反撃したアメリカが戦争を始めたって事ですね?それが原理原則だと?

 弩阿呆!!

 戦争は宣戦布告した時点で始まるのです。最近では文書ではなく映像や音声の宣言ですが、戦う意思を相手に示した事で戦争は始まるんですよ。戦争にはルールが有ります。因って、テロリストへの攻撃自体は戦争ではなかった。宣戦布告が遅れた日本と同じように言い訳はできないんです。それともルールなんて無いと言いたいんでしょうか?あの傍若無人なアメリカでさえ、テロリストをかくまった事を理由に宣戦布告して戦争になったんでしょう?この理由が嘘だろうが何だろうが、宣戦布告によって戦争は始まりました。
 報復できる態勢しか抑止力足り得ない。それでもキチガイは攻めてくる。ルール無用で。日本を国民が殺され易いようような国にするつもりでしょうか?頭蓋骨の中にお花畑を育ててるんでもない限り、こんな事は今更言うまでもないと思っていましたが、いい大人がこんな狂った発言をするとは。しかも有力政治家ですか。戦争がイヤなのは皆同じです。話しの鉾先を逸らすような目晦ましのトンデモ発言で国防を政局に利用してる場合か!?
 マスコミは当然いつも通り分け隔て無くこのトンデモ発言をとことん叩いてくれるんでしょうね!?どうなんだ?世論誘導なんて屁でもないマスコミ様よ?
posted by あんぽんたん at 05:34| Comment(8) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>「殺されたから殺す」という報復から始まっています。
殴られたら殴られっぱなしの無抵抗主義が民主クヲリティ。無防備マンが理想のようだ。
Posted by haruhico at 2007年09月22日 00:18
気に食わない相手とは即刻戦争をすればよい。
まず朝鮮人殲滅からだ。
Posted by 金豊満 at 2007年10月23日 18:57
>「殺されたから殺す」という報復から始まっています。haruhico は馬鹿。

やられたら、やり返す…当然です、
それを生命力と言う。民族はこうして生き延びた。
それが出来ないと滅びる。
やられてからでないとワカラン阿呆が多すぎます
Posted by おおまじめ日本の神様 at 2007年10月24日 18:23
これ
http://comment.mofcom.gov.cn/review/review.jsp
中国大使館商務部のサイトの掲示板だが、書き込みをしても掲示されない。
都合がよかろうが悪かろうが全部削除されるみたい。
いかさま掲示板を中国大使館が堂々とネットに出されている。
ためしに書き込みをしてみろよ。掲示なんかされねえぞ
Posted by 疑中派 at 2007年10月24日 18:34
当ブログ主催者様

「アホが見〜る〜 ブタのケ〜ツ〜」の事ですが、神戸のお方ですか? 
50年ほど前のことですが懐かしいです。
素晴らしい言葉、YouTubeで探しましたが有りませんでした。 

山岡賢次は賢くないのです。なのに名前に「賢」という字を用いている。不足を補うつもりでしょう。
で、この山岡は幾ら理不尽に叩かれて、宣戦布告があっても耐え抜くそうです。聖者です。神様です、ホトケ様です。山岡アクバル
Posted by 懐古マン at 2007年10月25日 13:30
「アホが見ーるーブタのケーツー」って神戸の言葉だったんですか!?メジャーな言葉だと思ってました。私は宝塚には居た事が有りましたが、大阪北部でも使っていたような・・・。
Posted by あんぽんたん at 2007年10月27日 17:38
あんぽんたん様

「アホが見〜る〜・・・」の神戸とは
単に」関西・・・という意味です。
この「アホが見る・・・」で検索すると神戸が出てきます。 
Posted by 懐古マン at 2007年10月28日 13:22
疑中派さんの「これ」について

その通りでした。削除されて、何も無い。
中国はそういう政治の国家ですね。
こうして信頼感が損なわれることに気付かない。
Posted by 懐古マン at 2007年10月29日 04:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56386102
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。