2004年08月18日

沖縄で堕ちたアメリカ軍ヘリには何が乗っていたのか

色々調べてみたが、やっぱり取り決めの上では米軍主導でしか日本が現場検証を出来るか出来ないか決まらないようだ。アホですか・・?この取り決めは即刻見直すべきだが、今回のケースでは普天間の引越し先を用意できなかったという日本側の重大な失態を盾に取られるとグゥの音も出ないんだな。正に政治的取引!でも、普通に堕ちただけなら時間の問題でわりと早く警察も入れるんだろう。がしかし、もし妙に長くかかるようなら疑っちゃうぞ、俺。

1.見つかっちゃヤバいブツを積んでた。
−−元素記号でUとかPとか
−−ものすごーく小っちゃい生物とか
−−某日本メーカーの設計図とか

2.見つかっちゃヤバい人物が乗ってた。
−−ズタボロのイスラミアンとか
−−行方不明の少女とか
−−地球人じゃない人とか

3.そもそも操縦兵がラリってた

冗談はさておき、司令官も馬鹿じゃあるまいし、何か隠してるでもないと今時沖縄でこの扱いは無いだろ。どんな発表がされるか楽しみではある。


posted by あんぽんたん at 10:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

おいおいマジで何か積んでたんじゃ・・
Excerpt: 普天間から続々とヘリ離陸 イラク派遣か、揚陸艦寄港 イラクに行っちゃうと何機かは帰って来ないんだろーなー。基地周辺の皆さんには"墜落"なんていう不安材料がちょっとでも減った事をお喜び申し上げます。
Weblog: アホが見ーるーブタのケーツー
Tracked: 2004-08-21 07:18
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。