2004年08月10日

兵器輸出なんて夢じゃないのか?

ミサイル開発、三菱に不備 判明後も連絡せず

防衛庁が発注した88式地対艦ミサイルシステム(SSM−1改)をめぐり、開発に当たった三菱重工業の強度試験に12件の不備があったことが9日、分かった。
三菱側は不備に気付いた後も防衛庁に報告してなかったほか、同庁も不備に気付かず、不備の情報を得た後も内部報告を怠っていた。
防衛庁側は「防衛装備品開発業者としての資質に欠ける」と判断。直ちに再試験を行い、再開発が必要かどうか月内に結論を出すが、装備開発をめぐる防衛庁のずさんな管理にも批判が出そうだ。
防衛庁によると、三菱重工業は、ミサイルの発射位置を特定されにくくするため、ミサイルの軌道を変える改良事業を受注。2008年度に装備化を予定し、すでに試作品と発射試験などで123億円分を契約している。
強度試験に不備があったのは、三菱重工業の名古屋誘導推進システム製作所。発射角度を調節する際にはミサイルをつり上げるが、重みがかかる位置などに十分な負荷をかけていなかった。

重工も自動車と同じ体質か!危ない!危なすぎる!


posted by あんぽんたん at 06:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。