2004年07月26日

ブログには度量が必要ね

"log"を覗いたらコメントが熱くなっていた。まずいんじゃない?と思ってコメント入れたけど、考えてみるとこれはこれで良いのだろう。言いたい事言えば良い。茶化されるのは適わんけどね。気を付けてほしいのは、日本人同士で仲間割れにならない事。意見の応酬は決して相手の排除が目的じゃないし、浚われた人達を取り戻すのが重要だしさ。

が、かく言う俺は"壊れる前に…"から馬鹿は(・A・)カエレ!みたいに言われちゃったよ。"ここはオレん家だからお前は書くな"みたいにさ。でも、そう言われるほど、俺、追い込んじゃいましたか?

"ロシアは軍隊でなく貿易でイラクを支援する−ロイター(英文)"の紹介から、派兵でなくこういう支援がいいよ、との意見を展開。至極ごもっとも。日本もいい事しなきゃね、と思った矢先に"イラクのメソポタミア湿地帯、日本資金で復元の計画−読売"というのが有った。で、こんなのも有ったよ、とコメントに入れたらお気に召さなかった様子。
ハァ??日本人として悔しい中に一筋の光じゃん。メソポタミア湿地帯復元って平和的じゃない?何が気に入らなかったかな?ソース内にちゃんと「ロシアの興味はイラクの石油」って書いてあるし。それともロイターはアメリカメディアだから偏重だと?ならばなぜこれがトップニュースである事に重みが有ると?ロシアと周辺国の石油関係の泥仕合にイラクが組み込まれるのは明らかで・・、いや、分かってますよ。"軍隊ではなく"という言い回しがお気に入りだったんでしょ?分かっててコメント入れました、俺。

でもさあ、そういう部分をあえて表面化させてないのに早々の退場勧告ですかあ?ちょっと懐が狭くない?情報の価値を決めるのは読む人ですよ?挙句、自分のディスクスペースだから、って、ブログですよ?宮台氏のように途中からコメント廃止するってテもありますぜ、とコメント入れようと思ったけど、記事伸ばす気も無いんでかめはめ波。
ネットで書いてると色んな人が見る可能性が有るわけで、またそれを目的にも書いてるわけで、通りすがりの印象って重要だと思うんよ。選挙じゃないけど浮動票の獲得ってやつ。尖がった記事にはツッコミが入り、そのツッコミにまたツッコミが入り、記事自体にバランサが働く。だからこそできるだけ多くの人に読んでもらってツッコミ入った方がいいんじゃん。ブログと言えども読む人、特に通りすがりにはニュートラルに読んでもらえる表現と内容になればなあ、と思って止みませんです、はい。


posted by あんぽんたん at 16:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

トラックバック、それからコメントありがとうございます。
せっかく「冷静になるように」との御配慮で下さったコメントなのに、
なんだか更にヒートアップする展開になってしまって‥‥。
申し訳ないです。でもまあ、これもblogの醍醐味って事で(笑)お許し下さい。
難しいですね、コメントの活用って。

Posted by adoruk626 at 2004年07月28日 09:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。