2007年02月28日

"思想"ではなく"妄想"、いや、幻聴幻覚の類か

 インターネットとブログの一般化で暴かれつつある日本破壊工作員の数々の嘘。キチガイにはもう何を言っても無駄で、ハーレム男の下に戻ってる洗脳済みの女達と同様、放っておいても脳の回路が元に戻る事は無い。きちんと精神科の管理下に置いて医学的に精神のクリーニングをすべきであろう。
 そういう病院に閉じ込めるべきキチガイがガッコのセンセをやっている。立法府は是非、日本の教育問題というのはイコール教師問題だと再認識してほしい。教育基本法の改正如きで教育の破綻を修正できると思ったら大間違いだ。教育破綻の結果が果ては少子化に繋がって国力の低下を許すのだという事を肝に銘じてほしい。敵国の胞子を吸い込んで脳にコケが生えている人間がまともに社会生活できる筈がない。こいつらを野放しにする事は内政ではなく外交戦略だと意識してほしい。

校長による「君が代」伴奏命令は合憲、初の判断
 ■最高裁「学習指導要領の趣旨にかなう」

 東京都日野市立小学校の入学式で「君が代」のピアノ伴奏を拒否して戒告処分を受けた音楽教諭の女性(53)が、「校長の職務命令(伴奏指示)は思想、良心の自由を侵害するもので憲法違反」として処分取り消しを求めた行政訴訟の上告審判決が27日、最高裁第3小法廷であった。那須弘平裁判長は職務命令について「思想および良心の自由を定めた憲法19条に反するとはいえない」との初判断を示した上で女性教諭側の上告を棄却した。女性教諭の訴えを退けた2審・東京高裁判決が確定した。
 1審・東京地裁と2審の判決などによると、女性教諭は平成11年4月、入学式で校長から「君が代」のピアノ伴奏を指示されたが拒否。東京都教育委員会は同年6月、地方公務員法違反(職務命令違反、信用失墜行為)に該当するとして戒告処分とした。
 那須裁判長は判決理由で、女性が「君が代」が過去の日本のアジア侵略と結びついているとの思想を持っていることに絡み、「ピアノ伴奏を拒否することは女性にとっては歴史観ないし世界観に基づく一つの選択ではあろうが、一般的には不可分に結びつくものということはできない」と指摘。ピアノ伴奏の職務命令について「特定の思想を持つことを強制したり、児童に対して一方的な思想や理念を教え込むことを強制したりするものではない」と判示した。
 さらに「入学式等において音楽専科の教諭によるピアノ伴奏で国歌斉唱を行うことは、学習指導要領などの趣旨にかなうものであり、本件職務命令はその目的および内容において不合理であるとはいえない」とした。
 判決は5人の裁判官のうち、4人の裁判官一致の意見。藤田宙靖裁判官は「『思想および良心』とは正確にどのような内容であるかについてさらに詳細な検討を加える必要がある」との反対意見を付けた。

 このキチガイが、国歌が過去の日本のアジア侵略と結びついている、と思い込んでいるのは"思想"ではなく"妄想"だ。"思想"ってのは現実を踏まえた上で持つ主義や主張だ。科学的な間違いを自分勝手に信じている事を"思想"と呼んではいけない。本件の棄却は当然だとしても、このキチガイ妄想を"思想"と呼んだ時点で最高裁は負けている。"思想"はその自由を守られるべきだが、こいつが己の"妄想"に他人を付き合わせる事は許されない筈だ。これからもキチガイが"思想"を振り回して社会を混乱させる道具にし続けるのか。
 


posted by あんぽんたん at 05:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。