2006年12月07日

備忘録:ウェブ・オブ・ザ・イヤー2006

年間大賞は「ウィキペディア」 ウェブ・オブ・ザ・イヤー2006
 6日に発表されたヤフー・インターネット・ガイド主催の「ウェブ・オブ・ザ・イヤー 2006」各部門を受賞したサイトは次の通り。年間総合大賞にはウィキペディアが選ばれた。また、検索部門ではGoogleがYahoo!Japanを抑え、1位となった。

【年間総合大賞】ウィキペディア
【ネットレイティングス賞】YouTube
【話題賞】1位:YouTube 2位:やわらか戦車 3位:mixi
【新人賞】1位:イザ! 2位:ナップスター 3位:Yahoo!Days
【ウェブ情報源】1位:ウィキペディア 2位:AllAbout 3位:はてなブックマーク
【コミュニティ】1位:mixi 2位:2ちゃんねる 3位:価格.com
【動画】1位:YouTube 2位:GyaO 3位:Yahoo!動画
【エンターテインメント】1位:ハンゲーム 2位:ほぼ日刊イトイ新聞 3位:デイリーポータルZ
【音楽】1位:iTunesStore 2位:うたまっぷ 3位:Yahoo!ミュージック
【地図】1位:Googleマップ 2位:Yahoo!地図情報 3位:マピオン
【旅行】1位:じゃらん.net 2位:楽天トラベル 3位:Yahoo!トラベル
【ショッピング】1位:Amazon.co.jp 2位:楽天市場 3位:Yahoo!オークション
【ブログサービス】1位:アメブロ 2位:FC2ブログ 3位:Yahoo!ブログ
【店舗検索】1位:ぐるなび 2位:ホットペッパー.jp 3位:iタウンページ
【オンラインフォト・ストレージ】1位:Yahoo!フォト 2位:宅ふぁいる便 3位:ファイルバンク
【オンラインバンク】1位:イーバンク銀行 2位:三菱東京UFJ銀行 3位:新生銀行
【オンライントレード】1位:イー・トレード証券 2位:楽天証券 3位:カブドットコム証券
【コンピュータ】1位:窓の杜 2位:Vector 3位:ITmedia
【検索】1位:Google 2位:Yahoo!JAPAN 3位:goo
【ニュース】1位:NIKKEINET 2位:asahi.com 3位:ZAKZAK
【スポーツ】1位:スポーツナビ 2位:SANSPO.COM 3位:nikkansports.com
【プロバイダ】1位:Yahoo!BB 2位:OCN 3位:@nifty

 いくらヤフー主催でもヤフーに偏りすぎ。(笑)フォトストレージで宅ファイルとFileBankって、おい。どういう基準で投票してるのか。オンラインストレージなら海外のアレやアレや・・。ブログもヤフーは重くて携帯非対応だし、ジオブログはいつまでベータなのか。mixiは一時的な流行だとしても、Gree、Frepa、FC2はなかなか。Daysの出る幕は無いような。全体的にヤフーは客寄せの情報発信や課金の有るものには力を入れてるが、ユーザー発信やコミュニティーへの取り組みでは今や格段に落ちる。ビジネスモデルとして終わりが見えてるって事なんだろうか。チャットや掲示板で圧倒的だった頃が懐かしい。ケチが付いたとは言え、この点ではlivedoorがもっと評価されてもいいだろうし、携帯用で展開してるスペースが結構な大きさになってる点も見逃すべきではない。オークションも何故かヤフーが圧倒的だが、実はビッダーズの方が使い易く安い。数の論理だね。囲い込み商法。(笑)所詮はアンケート結果でしかなくて、実際の使用感とイメージが混沌とした結果でしかないようだ。


posted by あんぽんたん at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。