2006年10月14日

朝日新聞、今日は天声人語で印象操作

 以下に転載。

【天声人語】2006年10月14日(土曜日)付
 狭い海峡を挟んで、アジアとヨーロッパが向き合っている。トルコ最大の都市イスタンブールは、文明の十字路にある。
 「糸杉やすずかけの木、屋根の風景、夕暮れの憂い……物売りたちの声、モスクの中庭で遊ぶ子供たちの騒ぎ、これらがみなひとつになって、わたしはこれからこの町以外では生きていけないだろうと感じた」。『わたしの名は紅(あか)』(藤原書店・和久井路子訳)にこう記したイスタンブール生まれの作家オルハン・パムク氏が、ノーベル文学賞を受賞する。
 『わたしの名は紅』では、オスマン帝国の時代に、西洋から伝えられた絵画技法を巡って細密画家たちの間で起こる事件を描いた。04年に来日した時、「私が描いたのは、東と西にはさまれた人間たちの物語です」と述べた。
 パムク氏の仕事場からは、イスタンブールの海峡を見晴らせるという。そこからは、東と西が交錯した歴史の足音が聞こえ、行き来した人々の姿が見えるような思いがするのかも知れない。
 トルコは今、欧州連合(EU)への加盟交渉で苦境に立っている。障害の一つは、第一次世界大戦時の「アルメニア人に対する虐殺」について発言したパムク氏を、国家侮辱罪で訴追したことだ。その後訴訟は取り下げられたが、パムク氏はこう述べている。「過去の罪に向き合う開かれた社会なら、アルメニア人の痛みは語られるべきだ」
 日々、文明の十字路に身を置きつつ、歴史と向き合うことの大切さをかみしめているのではないか。文学賞は発言とは別だろうが、波紋を呼ぶ授賞となった。

 今これをお読みの聡明なあなたなら、この文章の幾つかの単語を別の単語に置き換えて「はは〜ん」と納得されていることでしょう。そして、少し前にこのアルメニア人の問題をニュース記事で呼んだことがあるぞ、と思ったあなた、この朝日のコラムには大事なキーワードが抜けていることにお気付きと思います。

フランス下院にて、トルコのアルメニア人虐殺否定法が通過
(前略)
 しかしです。大事なのはココからです。
 フランス政府は表向きには反対しています。
 ですが、シラク大統領や内相のNicolas SarkozyはトルコのEU加盟に対して、
「トルコがEUに加盟したいならば、何よりもまずアルメリア人に対して行った虐殺を認めるべきだ」
との見解を取っています。ちなみに、これはEUオフィシャルの見解ではなく、あくまでシラク大統領の見解です。
 トルコは今回のフランスの対応に非常に怒りを露にしています。
 詳しくはウィキペディア(Wikipedia)のアルメニア人虐殺問題でも読んで下さい。
 虐殺があったか、なかったのか、それは虐殺だったのか、それとも別の表現のものであったのか。
 それはわかりません、否、僕には断定できません。
 ただハッキリ言える事は、それを話し合う事が大事なんじゃないのでしょうか。
 それを法律で一方的に禁じてしまうのはどうしても違和感を覚えてしまいます。
 トルコも同じ事を言っています。
 EUにとって言論の自由は中心に存在する原則のはずだ。今回の決定はその原則を無視するものに他ならない。もし今回のフランスの決定が承認されるならダブルスタンダード以外なにものでもない・・・・と。
 正にその通りだと思います。

 トルコのEU入りを快く思わないフランスが外圧を加えている様子がよく分ります。世界中の国が叩けば埃の出る体に変わりはありません。それを叩くか叩かないかは外交カードとして都合よく使われます。フランスにはイスラム系人種が多く、国内ではカトリックとの対立がしばしば(海外メディアで)報じられてます。そういう国内問題の延長でもトルコ攻撃が行われていると考えるのが妥当です。将に日本の抱えるそれと同じ迷惑をトルコはこうむっているわけです。正論とか公正さなんて国際社会では屁でもない、だからこそ外圧には毅然と反駁しなければならないということです。言いがかりにトルコ国民はちゃんと反発しており、引っ込めたとは言え国のスタンスも売国的な工作は訴追も辞さないというものですから、その点は日本人も大いに見習うべきところもあると思えます。
 そういったバックグラウンドをすっ飛ばして、ノーベル文学賞受賞者の発言だからと諸手を挙げて賛美。事情をよく分らずにこのコラムを読んだ人はどう思うでしょうか。
 "パムク氏はこう述べている。「過去の罪に向き合う開かれた社会なら、アルメニア人の痛みは語られるべきだ」"
 当然でしょう。間違ってはいません。心地よい響きの言葉です。しかしそのフレーズだけを捕らえてバックグラウンドを無視した朝日のトルコ批判は間違っています朝日が普段から連呼している媚中媚韓記事をバムク氏の発言に重ねて自己擁護したいだけです
 いつものようにこれも、トルコ内の話のように見せかけて、読者に間違った価値観を植え付けようとした印象操作に他ならないでしょう。そして最後に、
"波紋を呼ぶ授賞となった。"
と締めていますが、これも脊椎反射のいつもの所作です。誰に波紋を呼んでいるのかは書かないのです。書けないのですよね。外交カード作りの為に、
"日本で波紋を広げたい。"
が本音ですから。


posted by あんぽんたん at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。