2006年10月10日

朝日、頑張れ!(せいぜい)

 日中間に、政冷経熱、なんてものがホントに有ったと仮定して、さあ、一転して政熱経冷の時代ですよ。毒野菜を買ってくれないなら化粧品買わないアル、ドイツのリニアはヤバイけどそれでも日本製なんか要らないアル、けど新幹線車両はよこせアル、外国資本銀行はデカイ顔させないアル、けど中国にもっと投資しろアル、環境技術は全てよこせアル、よこさないと日本全土に黄砂が降り積もるアル、等々。いやー、山あり谷ありですな。(棒読み、笑)
 以下抜粋して転載。

【社説】2006年10月09日(月曜日)付
日中会談 これで流れを変えたい
(前略)
 焦点の靖国神社参拝問題については、互いの立場を述べ合った。首相は参拝するかどうか、行ったかどうかの表明は避けるという方針を説明し、中国側は深追いしなかった。双方とも、今回は関係改善のきっかけをつかむことを優先させたということだろう。
 だが、関係改善の流れを確かなものとするには、いずれこの問題の決着が求められる。両国の国民感情が絡む問題だけに、あいまいなままにくすぶり続けさせるのは避けるべきだ。
 首相による参拝を強く求めてきた安倍氏だからこそ、参拝を控えても国内を説得しやすい側面もあろう。首相には大局的な見地に立った決断を求めたい。
 「北朝鮮」も重要なテーマだった。首相は核実験を阻止するために北朝鮮に働きかけるよう求め、中国側も努力を約束した。
 もし実験が行われた時には、国際社会として一致した対応をとる必要がある。その基本にあるべきなのが韓国も含め、近隣3カ国の結束だ。そんな時に首相が中国と韓国を歴訪し、首脳同士で協力関係づくりを話し合うのは実に時宜を得たものだ。
 北朝鮮との友好関係を持つ中国には難しい判断が迫られるかもしれない。日中首脳がホットラインで話せるような信頼関係を早く築いてほしい。
 日中間には多くの懸案が山積みだ。一足飛びに解決は望めないにしても、そのための土台づくりが始まったことを歓迎する

 メインは靖国おまけに北朝鮮そう書いた数時間後に北朝鮮が核爆実験をしようとは!神がかり的社説に乾杯!(笑)
 中国諜報部日本支局として南京大虐殺に続き靖国神社を人造外交カードとして中共に謙譲してきた朝日。あらあら、なんか見切りを付けられ始めてやしませんか?朝日も政熱経冷の影響で人造外交カードの輸出に赤信号ですな。大事なお得意様が離れていきそうな雰囲気を感じてか、歓迎する、とは。哀愁を感じます・・。
 呆導ステーションでは加藤工作員が王毅さんと北京で談笑。流石は日本のスペシャリスト王毅さん、勿体無い精神で擦り切れるまでは使い続けて頂けるようですね。


posted by あんぽんたん at 00:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すでに頭頂部あたりから擦り切れ始めてるよwww
Posted by t at 2006年10月10日 01:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。