2006年09月22日

奇しくも教育基本法改正への後押しとなる判決

「国歌斉唱の義務ない」教職員の訴え認める 東京地裁判決
 東京都教育委員会が卒業式などの行事で、教職員に国旗に向かっての起立や国歌斉唱を求めているのは、思想と良心の自由を定めた憲法に違反するとして、教職員ら401人が、起立と斉唱の義務がないことの確認のほか、慰謝料の支払いなどを求めた訴訟の判決が21日、東京地裁であった。難波孝一裁判長は「懲戒処分をしてまで起立させることは行きすぎた措置で違法」として原告側の主張をほぼ全面的に認め、都に1人当たり3万円の慰謝料の支払いを命じた。
 都教委は平成15年10月、学校の式典での国旗掲揚や国歌斉唱時の起立などを求めた通達を出しており、これまでに通達違反として延べ345人の教職員が懲戒処分を受けた。判決は通達違反を理由にした処分も禁じており、都教委の対応に影響を与えそうだ。
 訴訟では(1)教員らが国旗に向かって起立し、国歌を斉唱する義務があるか(2)都教委の通達は違法か(3)教員らは通達によって精神的損害を受けたか−が主な争点となった。
 難波裁判長は「日の丸、君が代は第二次世界大戦が終わるまで軍国主義思想の精神的支柱だったのは歴史的事実」と述べた上で、反対する権利は公共の福祉に反しない限り保護されるべきで、起立や斉唱の義務はないと判断した。
 通達については、「合理的な基準を逸脱している」とし、「教職員が起立や斉唱を拒否しても、式典の進行や、国旗と国歌に対する正しい認識を生徒に教えることを阻害するものではない」と述べた。
 難波裁判長はこうした判断の上で、「原告の教職員は義務がないのに起立や斉唱を強要され、精神的損害を受けた」として、都に慰謝料の支払いを命じた。
 都の中村正彦教育長は判決を受け「主張が認められなかったことは大変遺憾。判決内容を確認して今後の対応を検討する」とのコメントを発表した。
              ◇
 小泉純一郎首相は21日、国旗国歌の強制は違法とした東京地裁の判決に関連し「人間として国旗国歌に敬意を表するというのは法律以前の問題だ」と述べた。

 この件に関しては、また東京地裁か!ではない。検索して探してみると難波裁判長の信心はともかく、過去の判決ではそんなにおかしい人でもなさそうである。俺のようなアカ教組労組寄生公務員似非弱者利権が大嫌いな者が考えてもこの処分には切り口に無理があった。何故なら、法がそのようになっていないからだ。故に国民たる第一条件と言ってもいい"自国を愛し尊敬する事"を蔑ろにする事までもが、法に書かれていないからという理由で不当にならないわけだ。将に"法律以前の問題"が通用しなくなるほど日本人の中にインテリぶった馬鹿が増えたという事を明白にした判決として、安倍政権の教育基本法と憲法の改正への布石となるだろう。これらの改正を必要とするのは誰あろうアカ教組労組寄生公務員似非弱者利権どもの企みのせいだから、こいつらは自分で自分の首を絞めているわけだ。ホントに馬鹿なんだなあ・・。

 さて、もしかするともしかして、純真な少年少女がこのページを見た場合に備えて、アドバイスを書いておく。

日本の国旗や国歌で悩んでいる君へ

 君の好きな野球やサッカーのチームに飲酒運転で捕まった選手がいたとしよう。先生や友達や、もしかすると家族までもが「そんなチームは応援するな」と言うかも知れない。しかし考えてみてくれ。君が好きなのはそのチーム全体ではないのかい?君はそのチームを嫌いにならなくていい!君がそのチームを好きでいるのにハッキリした理由なんか無いはずだ。それは君がそのチームの一人だから。それは君が自分の家族を好きなのと同じように自然なことだ。そしてよーく見てみると、君に「そんなチームは応援するな」と言った人は、他のチームのファンだったり、そもそも野球やサッカーが好きではない人なんじゃないかい?そんな人はきっと君の好きなチームの選手が悪い事をしなくてもチームの悪口を言ってくる。君を困らせるのが目的だから悪口を言う理由は何でもいいと思ってるんだ。君と同じチームを応援する仲間は君の知らないところにだってたくさんいる。きっとその仲間は君にチームの悪口を言う人よりずっとずっと多いだろう。
 世界には200以上の国があって、それぞれの国が一つのチームだ。それぞれの国には歴史があって、どの国にも良いことだけでなく悪いこともあった。それでもそれらの国の人のほとんどが自分の国を好きでいる。知らない場所や生活を好きになれるはずが無い。同じ仲間が助け合って自分の国を応援しなければ国が無くなってしまうかも知れなくて、それはとてもさびしくて悲しいことだ。そんなことにならないように、野球やサッカーのチームみたいに堂々と応援すればいい。悪口をはねかえして、自信を持って応援してもいいんだ。


posted by あんぽんたん at 06:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんで「また東京地裁か!」じゃないんだ?
違和感アリアリだぞ。
Posted by さぶ at 2006年09月23日 05:46
私はそもそも国旗国歌法に不充分な点が有ると考えています。キチガイ教師共の存在が悪なのであって、これを排除できるような根本的問題解決の法律、例えば教育基本法の改正でそれができればベストですが、悪を排除する法律が作られるべきと考えます。憲法の趣旨を理解すれば国旗国歌の扱い方を法律で定める必要すら無いとも思われ、キチガイが暗躍するので致し方無しというのが現状と思います。こんな事で憲法まで持ち出す事すらただの混乱誘発工作でしかありません。また、憲法の趣旨を地裁ごときが決めて判例と称する既成事実にしてほしくないという想いも有ります。
Posted by あんぽんたん at 2006年09月24日 03:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。