2006年09月12日

行政に"匙加減"をさせない事が重要な筈だが?

検閲復活?大阪の図書館が読売新聞を閲覧制限 高専生殺害の実名掲載で
 山口県周南市の徳山工業高専5年、中谷歩さん(20)殺害事件にからみ、大阪府豊中市の市立図書館が、殺人容疑で指名手配され7日に遺体で見つかった同級生の男子学生(19)の実名を掲載した読売新聞8日付朝刊と夕刊を一時、利用者に閲覧させないようにしていたことが11日、分かった。これまで図書館で新聞の閲覧が制限されたケースはないとみられ、関係者からは「検閲になりかねない」と批判の声が上がっている。
 豊中市などによると、9つある市立図書館は9日、実名と顔写真が掲載された8日付の同紙朝刊と夕刊を引き上げ、閲覧できないようにした。
 さらに、9日付朝刊は実名部分にシールを張って閲覧できるようにし、「少年法の趣旨からただいま引き上げて、取り扱いについて検討している」とのお断りを張り出したという。
 市立図書館の統括責任者の谷垣笑子市立岡町図書館長は「雑誌に少年の実名報道があった場合はすべて閲覧不可としてきた前例もあり、閲覧させるべきではないと考え、各館長に指示した。各紙がそれぞれの見解を掲載していたことや容疑者が自殺したこれまでにないケースであることから10日以降は通常通りにした」としている。
 日本図書館協会の松岡要事務局長は「プライバシーの保護は大切だが、少年法の解釈をもって閲覧を規制する『司法的行為』を図書館が行うことはありえない。検閲になりかねない危険な行為。図書館はむしろ、知る自由を後押しすべきではないか」と話している。

 性器の写真を掲載する事は違法だが、実際にはこれを載せた本はいくらでも存在する。異性の性器の形を知りたいと思う子供は多い。ならばその本を置く事もまた図書館の役目だろう。しかし実際にはまず置いていないと思われる。つまり、そこには行政側の裁量や匙加減が働いており、それが当然のようまかり通っているわけだ。そして何故かこれに異を唱えるものは殆ど居ないという現実。
 司法的な行為?はぁ?今更何を言ってるの?
 司法が社会にある全てに対して違法性を監視できるか?国家レベルから個人レベルまで、法は自主的に守るのが大前提だろが。確かに法ってのはルールでしかない。法に叶ったものが正しいのではない。社会全体にとってのベストなフェーズと法解釈は別である。藤村元紀なる容疑者を違法を承知で掲載するには"報道の趣旨"がある。しかし、違法を承知で横並びになる事の恐ろしさを、あれだけ談合利権や記者クラブを見てきて気付かないのか?ハッキリ言って、役人の裁量なんぞ信じていないし、行政機関に独自の采配なんぞして頂きたくないのである。法や条例にのみ従って動いてなさいよ。こんな時だけ検閲だの知る自由だの言うのに限って、それが事件の当事者や一般市民のメリットになるかどうかなんて御構い無しなんだよな。"自由"とか言いたいだけちゃうんかと。

<追記:2006/09/12 13:50>
【人権左翼】図書館をイデオロギーで私物化【反日左翼】

 知の集積所である図書館の管理を厳格に規定し、キチガイの個人的な裁量を排除しろ。


posted by あんぽんたん at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。