2005年03月05日

溜まったテープメディア、再生機無ければただのゴミ

5メガ光学5倍ズームでさらに“軽薄小”――ムービーデジカメ新“Xacti”

 壊れたβデッキ。壊れたVHSデッキ。どでかいHi8カメラ。古ーいラジカセ。
 これらが捨てられないのは全てテープのせいだ。いつか見るかも、とテープを残してるおかげで捨てられない。そうなると再生機が必要だが、今から新しいデッキを買うなんてバカバカしい。あらゆるテープデッキが消える日も近い。ホントにいつか見るんかい?と考えてみると、たぶん見ないだろうなあ、と思う。セコセコと録り溜めたテレビやラジオのエアチェックと僅かばかりのホームビデオ。思い入れは大きいが、入れ物はどうでもいい。しかし中身は残しておきたいと思うのが情というものだろう。中身以外のデッキとテープはもう既にゴミだ。DVも時間の問題だろう。こんな事を考える事自体クダラナイ。残すべきはデータ。ならば以降はメディアに依存しないデータだけ残せばいい。
 ザクティが僅か半年で新製品に。ズルズルと買わずにいてラッキーだった。


posted by あんぽんたん at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | デバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。