2006年08月02日

海自までが、易々と

海自内部情報持ち出し 対馬防備隊の1曹
 海上自衛隊対馬防備隊上対馬警備所(長崎県対馬市)の男性1等海曹(45)=佐世保地方総監部管理部付に異動=が、持ち出しが禁じられている外国潜水艦などに関する内部情報をCDにコピーして隊舎自室に持ち帰っていたことが2日、分かった。
 1曹は交際していた中国人女性に会うため無断で中国・上海に頻繁に渡航。女性は中国当局から情報提供を強要されたとする遺書を残して平成16年5月に自殺した在上海総領事館員も出入りしていたカラオケ店に一時勤めており、長崎県警は海自情報が中国側に漏れた可能性もあるとみて捜査を始めた。
 1曹は16年4月から上対馬警備所で船舶の監視を担当。海自の内部調査に対し、中国側への情報提供は否定している。
 関係者によると、今春、同僚が「(1曹が)夜勤中にデータを内証でCDにコピーしている。無断で中国の交際相手の女性に会いに行っている」と幹部に報告。幹部が1曹の部屋を調べると、外国の潜水艦や艦艇の写真を集めた「識別参考資料」といわれる内部情報が記録されたCD1枚が見つかった。
 防衛庁によると、総監部の調査に対し1曹は「今年2月に一度だけコピーした」と認め「自分の勉強のために部屋に持ち帰ったが、国外には持ち出していない」と漏えいを否定。調査では識別参考資料が中国に持ち出された形跡は確認されなかった。
 一方、昨年1月から今年3月にかけて中国に計8回無断で渡航したことを認めており、1回目の渡航では中国にいたことがある同僚の元3曹と一緒に上海に旅行し、日本人向けカラオケ店で中国人女性と知り合ったという。
 防衛庁は秘密性が高い順に防衛秘密を「機密」「極秘」「秘」に区分。識別参考資料はその下の「注意」で、持ち出した場合、自衛隊法違反には問われないが、内規違反となり、海自は6月に1曹を口頭注意とした。無届け海外旅行については総監部に異動させ、7月4日付で10日間の停職処分にした。

1等海曹が海自内部情報持ち出す、上海に無断渡航も
 海上自衛隊上対馬警備所の1等海曹(45)が、無届けで中国・上海への渡航を繰り返したうえ、持ち出し禁止の内部情報をCDにコピーして自宅官舎に保管していたことが1日、明らかになった。
 上海への渡航目的は日本人向けカラオケ店に勤めていた中国人女性に会うためで、このカラオケ店は在上海日本総領事館員自殺問題で登場した中国人女性が勤めていた店だった。1等海曹は海自の調査に中国側への情報提供を否定しているが、警察当局は情報漏えいの可能性もあると見て、1等海曹と女性の交際の実態などについて捜査を進めている。
 1等海曹は2004年4月から長崎県対馬市の上対馬警備所で海上を航行する船舶の監視員を務めていたが、先月、停職10日の懲戒処分を受け、現在は同県佐世保市にある佐世保地方総監部の管理部付となっている。
 防衛庁海上幕僚監部によると、1等海曹について、「機密情報をコピーして持ち出したり、無断で中国に渡航したりしている」という内部告発があったのは今年4月。同総監部が調査したところ、上対馬警備所敷地内の自宅官舎から、周辺国の軍隊が所有する艦船や潜水艦の写真を集めた内部情報をコピーしたCDが見つかった。1等海曹は、この資料を今年2月に警備所のパソコンでコピーしたことを認めた。
 さらに、自宅官舎には上海在住の中国人女性からの手紙などが保管されており、1等海曹はこの女性と会うため今年3月までの1年3か月間に計8回も無届けで上海に渡航していたことも判明した。
 1等海曹がこの女性と知り合ったのは、昨年1月別の部署に所属していた元3等海曹(28)と上海に旅行した際、日本人向けカラオケ店で接客を受けたことがきっかけ。カラオケ店は一昨年5月に自殺した在上海総領事館の電信官(当時46歳)が中国公安当局に連絡役に仕立てあげられたとされる女性と知り合った店だった。
 海幕によると、CDにコピーされた内部情報は「識別参考資料」と呼ばれ、他国の艦船を監視する際などに利用されている。防衛庁の秘密情報は「機密」「極秘」「秘」の3段階で、識別参考資料は、その下の「注意」にあたり、外部に持ち出した場合、自衛隊法には抵触しないが、内規違反にあたる。
 同総監部の調べに対し、1等海曹は「自室で勉強するためにCDを持ち出した」などと説明。1等海曹のパソコンや携帯電話の通話記録中国人女性との手紙の内容などを分析した結果、識別参考資料が中国に持ち出された形跡は確認できなかったが、警察当局では他の資料も含め流出の有無を調べている
 海幕広報室は「上海で現地調査することは事実上不可能中国人女性がどんな人物で背後関係があるかどうかについては調べられなかった」と話している。

 言いたい事は山ほど有るが、推して知るべし。何故朝日やTBSが橋本さんを擁護し、谷垣さんを新総理にしたいかを、"靖国問題"などという問題にもならないバカ騒ぎのせいだなんて、そんな単純なもんじゃないですよ、ってコト。
 ビジネスで海外に出た人は24時間が戦いだと肌で分ってるでしょ?増してや外交官や軍人、国民としての心得がすっ飛ばされた教育で大人になってるという前提で、自分の胸に手を当ててみる必要が有る。日本の尊厳のために現地のヤクザに狙われた経験は俺にとって幸か不幸か?(笑)あれが無ければ俺も薄っぺらく日中友好に励んでたかと思うと空恐ろしい。
posted by あんぽんたん at 12:26| Comment(3) | TrackBack(1) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あんぽんたんさんの経験っつーのが気になりますね。どういう経験か差し支え無ければ。
Posted by 読者 at 2006年08月05日 15:45
書くと長くなりますが、要約すると、助ける振りして業務の失敗を狙ってきたわけです。私の居ない時を狙って近付いて来ました。気付いて断ろうとしたらこれも織り込み済みで怖いニーチャンが面子がどーのと言い出す。でも評判落とすわけにいきませんから、断固として断るしかないです。ここで折れたとしても漬け込まれます。戦うしかないんですよね。
Posted by あんぽんたん at 2006年08月07日 17:01
「あんぽんたん氏」の経験ですが、よ〜く解かります。
拙者も同じような経験幾度か・・・戦い続けて幾年月。
そのほとんどが国内では「赤かぶれ」外国では地回りギャングのたぐい。数10年も海外国内を飛び回れば色々見えてくる。その点では定住者は麻痺状態に陥りやすい。
おとなしい者に喧嘩を仕掛ける隣人に対処するには、相応に鍛えねばイカン! 
いづれにせよ、ウラミ、ツラミで対外的に国論を統一する必要のある国は駄目。
ノ・夢ヒョン吉や胡錦倒はどうすんのかねえ。
Posted by おたんこなす at 2007年10月25日 13:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ハニートラップ?海自隊員が潜水艦データ持ち出し上海へ
Excerpt: 「ハニーとラップ?海自隊員が潜水艦データ持ち出し上海へ」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =20...
Weblog: ブログで情報収集!Blog-Headline
Tracked: 2006-08-02 19:43
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。