2006年07月30日

正体見たり、歴史の解釈を変える事はできても、やり直す事はできないんだよ

古賀氏「靖国神社を無宗教化」 谷垣氏も同意
 日本遺族会会長を務める自民党の古賀誠元幹事長は30日、テレビ朝日の番組に出演し、靖国神社について「国民全体が尊崇の念を持てる施設として残すためには無宗教化があっていい」と述べ、「A級戦犯」の分祀(ぶんし)は教義上できないとする靖国神社から宗教法人格を外すことも念頭に遺族会内で分祀論を活発化させる考えを改めて示した。
 古賀氏は「東京裁判を認めていないので戦犯という言葉は使うべきではない」と述べた上で、「裁判以前に一国の指導者として(先の大戦に対する)結果責任は明らかにすべきだ」と指摘。靖国神社に兵役で召集された戦没者と当時の指導者が一緒に祭られていることに不快感を示した。
 また、自民党総裁選出馬を表明した谷垣禎一財務相も同日、都内で記者団に「靖国の方で宗教法人であることをやめたいとなれば選択肢だ」と述べ、古賀氏の考えに理解を示した。

 宗教対立なんてのは頭のおかしい奴らのヒステリーでしかない。現代の日本に於いてはもうそう思っていないのは極一部のキチガイだけだ。悪意を持つ者にはそこに付け込む隙が有るように見えたのだろう。対立を焚き付ける事によって何も無い所に問題を作り出す。目的は露骨な政治利用だ。
 個人的に極東裁判が不当だと思う人は山ほどいる。俺もそう。戦犯の何人かは許しがたいとも思うし、戦犯でなくても許しがたいのが何人もいる。天皇に全く責任が無いとも思わない。で、だから何だと言うのか?
 日本はポツダム宣言を受け入れ、極東裁判を受け入れた。戦争についてはこれで完結した話であり、残っているのは連合国が世界支配する為のルールに"敵国"と記されているだけ。今の日本はこれを踏まえた上で歴史を刻み続けているのではないか?勿論戦犯の復権も、人口8千万の時代に4千万の署名を集めて国民の同意を得、連合国の承認も取って対外的な手続きも成されている。つまりだ、個人の思想なんかでひっくり返せない"正当性"がそこには在る。これをひっくり返すのは"破壊"でしかない。
 以前にも書いたが、古賀ってのは益々狂っていくな。国会議員が東京裁判を認めないから見直せと言う。時間が戻せるならやってみろ。俺ら一般人がおかしいと言うのとは違う。この60数年を全てひっくり返すと言うならやってもらおうじゃないか。南京詣でをするようなやつの魂胆は"戦犯日本人を増やす事"だろうけどな。遺族会を政局に利用する為に会長をしてるんなら、英霊を汚している急先鋒がこいつだと言う他無い。人数が減少する遺族会に中国人や朝鮮人も入れるつもりなのかもな。今回の発言では、自身が会長だから遺族会は己の思想を反映しろと暗に言っているのである。おまえは北の将軍様か?民主主義国の国会議員か?遺族会はこいつを会長にしている限り弄ばれ、中共や朝鮮に蝕まれ、英霊はどんどん貶められるだろう。
 谷垣ってのも金勘定だけやって生きてきただけのことはあって、利益と見るや宗教弾圧宣言ですよ。靖国神社の前に取り締まるべき宗教団体が身近にありましょう?


posted by あんぽんたん at 23:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
古賀の背景は在日同和左翼の真宗大谷派です。
Posted by すみません。通りすがりです。 at 2006年09月02日 12:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。