2006年06月20日

元凶はわが外務省

太田述正コラム#1307(2006.6.20)
<捕鯨再論(続々)(その1)>
(前略)前回私が(コラム#1273で)捕鯨問題をとりあげた以降も、日本側に劣勢に立たされたという危機意識から、英米のメディアが一貫して本問題に強い関心を持ち続けた(中略)というのに、日本のメディアの本問題への関心の低さは際だっていました。

2 日本側敗北?

元凶はわが外務省ではないか、と思い始めたのは、カリブ海のミニ国家の一つであるセントキッツ(St. Kitts )で開催された今回のIWCで行われた最初の採決の結果が出る直前に上梓されたロサンゼルスタイムスの記事(中略)を読んだ時でした。

というのも、捕鯨禁止派の切り込み隊長といった趣のある豪州のキャンベル(Ian Campbell)環境相が、新しくIWCに加盟した太平洋のミニ諸国に対し、日本側に同調すれば、豪州は観光ボイコットをするぞ、と露骨に恫喝していたというのに、わが外務省筋は記者の質問に対して、「われわれは日本の会社はもはや商業捕鯨には興味を持っていないと思っているまた捕鯨が日本の文化の一部だといった議論をしているわけでもない考えても見て欲しいこれは第三次世界大戦が起きるような問題ではない捕鯨はトヨタがそうであるような意味では日本経済にとって重要ではない。」などと評論家のような答え方をしていた(ロサンゼルスタイムス上掲)のですから・・

これでは、せっかくIWC日本代表団の一員である森下丈二水産庁資源管理部遠洋課課長補佐(捕鯨班長)(京大卒・ハーバード大学院卒)(中略)が英BBCにまで生出演して、「多くの日本人は欧米人つまり外の世界が彼らの感情的な価値観を日本に押しつけていると考えているだから多くの日本人は欧米人は弱い者いじめで傲慢だと考えている・・豊富な鯨類は適度に活用しつつ少なくなっている鯨類は保護するということに何ら問題はないとわれわれは思っているこれは他の野生動物や漁業資源の保全・管理と全く同じ話なのだ。」だから、「科学と恐らくは国際法」は日本側に味方していると力説(中略)してもどうしようもないではありませんか

こんな外務省ならない方がマシです

案の定、捕鯨禁止派と捕鯨解禁派の共通の票読みに反して、IWCの出だしの二つの投票・・海に棲息するイルカ等の小型哺乳類をIWCでは扱わないことにする決議案と、秘密投票制を導入する決議案のいずれの採決でも日本側は敗北してしまいました(BBC上掲)。

昨年のIWCではすべての決議案で日本側(捕鯨解禁派)は敗北こそしたものの、捕鯨禁止派との票差はほとんどなくなっていました。しかも、その後四つの国がIWCに新規加盟し、うち三つの国は日本側寄りだとされていた(BBC上掲)にもかかわらず・・。

 捕鯨問題が日本人にとって腹立たしいのは、

1.元々は宗教的思想による言いがかりだから。
2.白人、特にアングロサクソン系の人種差別意識に基づくから。
3.その類の国に少なくない過激派自然保護団体の票集めだから。
4.新しいデータを客観的に見ない(見ようとしない)から。

という事ですな。中華思想にさも似たり。(笑)つまりは生態環境の観点でもなんでもないというトコロがもうアホらしい議論なのではあります。
 捕鯨という日本文化の一つが全否定されている事に対して日本は毅然と反論すべき点を反論すれば良いのですよ!なるほど、だから、外務省が邪魔しようとしている理由はそこに有るわけですな。何故なら、今や外務省の中には日本の非日本化を確信犯的に進めるヤツがわんさかいますから外務省の最大の問題は白人や中国人と戦う気が無い事です。自分の見栄のために国家を傘に着るヤツ。擦り寄る事が国益だと本気で思っているヤツ。キャリア試験で高い点数を取ったからって、イコール能力が有るではないし、増してやイコール国士である筈もない。兵器で戦う事を否定する日本に在って、頭を使って戦うべき外務省が思考停止で戦わずして何としますか?
posted by あんぽんたん at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19535077
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。