2006年06月11日

日本の白血球が役に立たないので身体が腐りかけです

太田述正コラム#1287(2006.6.10)
<施設庁談合事件はどうなった?(その3)>
(前略)
 このところの華々しい検察の大活躍は、ことごとく旧大蔵省勢力の手のひらの上での踊りに他ならなかったことがお分かりでしょう。
 財務省/金融庁と検察との取引説は、かなり説得力があると思いませんか?
(中略)
 なげかわしいのはマスコミの大勢がこの取引に加わっているかのように見えることです
 実際、私の気がついた限りでは、5月以降、施設庁談合事件が官僚一般や政治家にまで波及しない不可思議さに触れた記事を載せたのは東京新聞だけです。
 それどころか本来マスコミが取り上げない問題を拾い上げるべきネットの世界もこの問題についてはほぼ沈黙しています
(後略)

 六本木ヒルズの経済チンピラ没落祭もやっと一服かと思ったら、今度は幼児殺しチンピラ女の顔ばかり映し出す。攻撃しても反撃しないチンピラはとことん叩き続け、その後ろに隠れた本物の悪には触れるのが怖い自称報道機関の下品さは今や絶頂期だ。こんなものだけを見ていてはバカになるというのはもう常識なんだが、ネットジャーナリズムが一向にジャーナリズムとしての力を持てそうにない。今最も求められているのは真摯なシャーナリストの姿勢だ。今後日本に必要不可欠なのは報道機関ではなく本当のジャーナリストだろう。その為に何が必要なのか。第一には情報の受信者である我々の審美眼であることだけは間違いない。


posted by あんぽんたん at 03:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。