2004年06月02日

集中力

ここにTバック。
電話の話じゃなくなってしまって恐縮なんだけど、この記事を読んで考えが至ったのは"集中力"。何の仕事でも集中力が高ければイイ仕事ができる筈。往年のMade in Japanを支えてきた侍達に有って今の竹刀(たけみつ)侍達に欠けているもの、それが集中力だと思う。イメージとしては、泥団子を作る時にツルツルピカピカにできないカンジ。少しずつ掛ける砂の一粒一粒までを凝視、吟味しながら、砂を掛ける位置、量にも注意し、団子本体の水分の調整も怠れない。今、日本人はこういう仕事が出来ているだろうか?俺は出来ていないと思う。"これでいいや〜"が蔓延してる。(これには俺なりに犯人を特定してるが今回はパス)また、"これでいいや〜"を通り越して不十分な物に"これで十分"って判断する輩も多くなった気がする。こうなるともうお手上げ。絵で言うと、デッサン力無いやつには上手い絵も下手な絵も上手く見えちまうって事だな。デッサン力無いやつってビックリするくらい何見ても"上手い"って言うな。良い悪いの区別がつかない、こんな事になったらもう凋落の一途。人間として退化してる。この風潮の行き着く先は"人民公社"だ。貴族の家畜になって人間牧場で働くしかない。集中力の欠如は由々しき事態だ。しかし流れはその方向へ。俺は怖いよ。


posted by あんぽんたん at 15:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あんぽんたんさん、はじめまして、こんにちわ、

記事を読ませていただいて、フランシス・フクヤマにはまっている私は、「最後の人間」を連想しました。以前、米国が最後の人間だらけになっていると感じていましたが、実は日本の方が先をいっているのかもしれないと、感じています。
Posted by ひでき at 2004年06月02日 17:44
樹を強く育てたい時は、幹の根元近くをわざと少し傷付けますよね。日本はもう少し傷付いた方が良いかも知れません。
Posted by あんぽんたん at 2004年06月03日 16:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック