2005年02月07日

苛めやすい人が苛められる、人類の悪しき社会習慣

安倍なつみが復帰会見

 どこかで聞いた心地良いフレーズが口をついてしまう。ゼロからの創造であっても既存のものに似ているものが有る。世界中の何ものとも似ていないものを作る事ができるのか。芸術とデザインの境界線も難しくなっている。
 そんな中で、誰かを人柱にして楽しもうという輩が目を付けているのが著作物だ。なっち、何故活動自粛する必要が有る?河口某やオレンジ某や、もっと堂々と、しかもそれそのものが直接金を生み出す形で、"そっくりさん"を"創造"してはばからない人も居るのに。結局、言ったモン勝ちな著作物の"そっくりさん"。その人柱になったなっちだが、何故なっちだったのか?
 河口某やオレンジ某を苛めても得られず、なっちを苛めれば得られる快感が有る。それは社会的な精神ストレスの捌け口でもあるし、性的な変態性でもある。鉄パイプを曲げようと力を加えても疲れるばかりで面白みは無い。しかし、ゼムクリップなどの鉄線は曲げて曲げてまた曲げて、ねじ切れるまで曲げ伸ばしを繰り返したりする。こんな意味の無い手遊びでも、ねじ切れた時に人間は快感を感じている。苛めても苛め甲斐が無ければ苛めない。なっちが反省し、活動を自粛すればするほど人々は快感を感じている。その快感を世論と称して利用し、何かしらの儲けに繋げようとする腐れ野郎がいる。俺にはこいつの暗躍を暴き出して火炙りにする事の方がよっぽど快感なのだが。


posted by あんぽんたん at 14:38| Comment(2) | TrackBack(1) | アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
河口に比べればなっちなんて可愛いモンですよね。
Posted by haruhico at 2005年02月07日 22:08
パクリの悪質さにこんなに差が有っても苛められるのはなっち。人間もまだまだ下等生物ですな。
Posted by あんぽんたん at 2005年02月08日 03:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

盗作の上に経歴詐称じゃないの?
Excerpt: 河口恭吾さんらに金賞…レコード大賞部門賞決まる http://www.yomiuri.co.jp/culture/news/20041129i315.htm >【金賞】EXILE「Carry ..
Weblog: 社怪人日記2005
Tracked: 2005-02-07 22:06
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。