2005年02月04日

やりやがったロシアと中国。仁義の無い国に囲まれて子供達の未来も無し。

宮崎正弘の国際ニュース・早読み
平成17年(2005年)2月4日(金曜日)より

その時、やっぱりお金が動いた
  ロシア、石油パイプラインを中国に先に敷設する決定

 「その時、歴史が動いた」じゃなかった。NHKの番組を駄洒落で言えば「その時、やっぱりお金が動い」ていたのだ。
 オガネシャン・エネルギー庁長官は「太平洋石油パイプラインに中国向け支線を作る計画である」を公式に記者会見で確認した。日本の関係者にとっては藪から棒の話である。
 そのうえで「ユーコスの子会社ユガンスクネフテガスを傘下に収める国営石油会社ロスネフチは購入資金(およそ93億ドル)のうちの60億ドルを中国からの緊急融資でまかなったとした。
 ユガンスクネフテガス取得用の資金は、中国輸出入銀行などからロシアの対外経済銀行に既に振り込まれ、最終的バイヤーはCNPC(中国石油天然ガス集団公司)と推測されている。
 ロスネフチはこの「返済」を名目に2005年から2010年まで合計4800万トンの石油を中国に供給する。言ってみれば中国は日本を出し抜くために前金をぽんと支払ったわけだ。
 これほどの金持ち・中国に日本はODAをまだ継続するんですかね?
 プーチンが来日を延期し、しかも四島返還を退けた強気の背景は中国からのカネだったのだ。

オカネジャン長官、かとオモタ。


posted by あんぽんたん at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。