2005年02月03日

偽札はお手軽にできても偽硬貨は?経済テロに晒されている日本

新500円硬貨、大量偽造か 3都県で5583枚発見
 偽造500円硬貨は、成分が本物とほぼ同じ銅やニッケル、亜鉛の合金だが割合が違い、本物と比べてやや光沢がないのが特徴。「平成13年」の銘があり、文字や模様の一部に欠けているところがある。
 今回の偽造硬貨は昨年4、5月に東京税関で中国からの郵便物の中から発見されたものと基本的に同じ。偽造と判明した新500円硬貨は、これで計380枚となった。

 プリンターで偽札作るのとは明らかに別次元の、合金と鋳造設備まで揃えた犯罪者。さて、どこの誰ですか?


posted by あんぽんたん at 14:58| Comment(0) | TrackBack(2) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

偽造500円が
Excerpt: 偽造500円玉が大量に流出です!! 人気blogランキング / 元祖ブログランキング / 学生ブログランキング ...
Weblog: スポーツサイエンティストのつぶやき
Tracked: 2005-02-04 03:22

中国の「ニセ札」事情
Excerpt: 日本で騒がれている「ニセ札」。 中国ではお店で100元札(中国で一番高価な札)を払うと、必ず札を日にかざして透かしをチェックしたり、検査器でチェックしたりされます。なんだか疑われているような感じです..
Weblog: ぐ-すか・ぶ-すか中国大冒険!
Tracked: 2005-03-08 16:20
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。