2005年01月09日

走りも走ったりだが、客へのサービスという観点では・・?

累計走行距離はなんと460万キロ!1976年製メルセデス・ベンツ240D

 想像してみよう。走行400万キロ超のタクシーに客として乗り込むことを。エンジン3機のローテの他にサスもシートも交換されているだろうが、それでもボディの劣化はどうしようもない。70年代のベンツは比較論として良い乗り心地だったろうが、さすがにこれじゃ今のコンフォートの方が100倍いいに決まってる。増してや欧州ではベンツタクシーは当たり前。俺みたいなオタクならこれを面白いと感じるだろうが、一般的に考えてサービス業としてどうよ?Cクラス、ともするとEクラスが走ってるのに、76年の240に同じ金額払えるだろうか?
 代わりにもらったのがC200CDIってベンツのケチ臭さにも驚くが、それよりもこのおっちゃん、最新であるC200がもう460万キロなんてとても走れそうにない車だって事に"ベンツの今"を感じることだろう。寄贈しないでマニアに流し、その金でレクサス買った方が良かったかも。
posted by あんぽんたん at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1531538
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。