2010年06月04日

そもそも天皇陛下にお辞儀するのかね

 あと、自衛隊にも敬礼できるかどうかも。

宮崎正弘の国際ニュース・早読み
 平成22年(2010)6月4日(金曜日)通巻2981号
君が代を歌わない男が日本の政治を担う恐ろしさ
 極左活動家から「市民」運動、所詮は左翼小児病患者=菅直人

 民主党は参議院選挙で惨敗の予定だった。鳩山辞任直前までの世論調査は、一人区でかろうじて三名、全体でも29議席という予測が多かった。
 この劣勢を盛り返すにはイメージをかえる作戦に出るしかない。鳩山は最後にようやく決断をした。

おそらく首相としてはじめて自分が下した決断が「職を辞する」判断だったのだろう。そのうえ彼は「次の選挙にも出ない」という決意をしめし、国民をひどく安堵させた。宇宙人はもう懲り懲りだから。

 今夜、発足予定の菅直人政権は、その顔ぶれによって印象の濃淡はでるだろうが、5−6%ほど支持率を回復させるだろう。

万が一、樽床伸二が指名されても、かれは松下政経塾あがりの若さが売り物とはいえ、地方分権万歳の国家解体指向組だから同様なものだろう。

 若干の支持率回復となると、その分はこれまでの世論調査で「独走」してきた「みんなの党」の票が食われるだけである。
もともと「みんなの党」が伸びても、かれらは地方分権、日本解体をもくろむ点では第二民主党であり、全体を俯瞰すればほとんど変化はない。

 問題は菅直人である。
 かれは左翼活動家あがりいまも政治的思想は左翼しかも経済財政政策はまったくわからない

市場は管が「円安を主張しているから」として、やや歓迎気味だが、短期眼での判断でしかトレーダーは動かない。

 およそ世界を見渡して常識でもなく、普通の国では起こりえないことが日本でおころうとしている。
すなわち政権を担おうとする政治家が自国の国歌を歌わないという異常な信念を持つ男を首班にしてよいのか?

 菅直人は或る信念を持って君が代を歌わない政治家である
 野党諸兄、国会での最初の質問は、リトマス試験紙替わりに、菅直人に君が代を歌わせることではないのか。


posted by あんぽんたん at 18:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
■両陛下、神奈川で追悼式に 新首相任命式で途中帰京も―私たちの国日本は天皇制があることにより昔から大きな動乱などに巻き込まれずにすんできた!!

ブログ名:Funny Restaurant 犬とレストランとイタリア料理

こんにちは。私のブログでは両陛下の「第40回戦没・殉職船員追悼式」へのお出ましの新聞記事に関連づけて、私が日頃から思う、天皇制の日本国での意味合いや背景を掲載させていただきました。特に私たちの日本は、天皇制のおかげで、侵略や内乱などが他国に比較すれば少なかった事実とその背景などについて掲載しました。詳細は、是非私のブログを御覧になってください。
Posted by yutakarlson at 2010年06月05日 10:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/152165818
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。