2010年04月16日

リーダーでこれだけ違うという例

 薄煕来さん効果。

宮崎正弘の国際ニュース・早読み
 平成22年(2010年)4月16日(金曜日)通巻2941号
青海省玉樹県大地震より共産党幹部の心理を揺らした事件とは
 重慶司法局長兼マフィアのボス兼高利貸しの元締めに死刑判決

 重慶の政変劇もいよいよ終盤戦。
 1500余人を一斉に逮捕し、数百を起訴に追い込んだ重慶の綱紀粛正キャンペーンで、最後の大物=文強(元重慶司法局長兼任)に死刑判決が下った。
 中国全土の庶民は、このニュースに快哉をあげた。共産党幹部の多くは沈黙した。

 4月14日、重慶第五中級人民法院は、前の司法局書記兼局長だった文強に死刑を言い渡し黒社会の犯罪をかばい賄賂を受け取り強姦をなした罪により全財産を没収するとした。

 従犯の黄代強(前刑事警察総隊副隊長)には収賄、マフィア犯罪黙認などにより20年の懲役。個人資産30万元を没収のほか、罰金220万元。
 同じく趙利明(前交通治安副隊長)は懲役17年半。個人資産10万元没収。
 同じく陳涛因(前公安総隊副隊長)は懲役19年半。個人資産10万元没収。

 かれらは司法公安警察の大幹部でありながらマフィアや犯罪組織と深く繋がり犯罪を黙認し巨額の賄賂を得ていた
その夫人や情婦らは高利貸し売春宿の経営などありとあらゆる闇のビジネスにも手を染め、重慶特別市の夜の世界に君臨した。

 まさに重慶では、いや重慶でも長谷川平蔵と石川五右衛門は同一人物だったわけだ。

 日本の無法地帯、六本木や渋谷を取り締まらないのは誰の差し金か。薬物で芸能人を引っ張る程度でお茶を濁す日本社会。政局であろうがなかろうが、患部を摘出できれば良いのである。中国の方がマシではないか?

posted by あんぽんたん at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。