2010年04月07日

米軍基地が何処かより自衛隊基地に何を配備するかの方が重要

 遂にこの日が来てしまいました。

宮崎正弘の国際ニュース・早読み 
 平成22年(2010年)4月7日(水曜日)通巻2932号 (4月6日発行)
ロシア、高性能地対空ミサイルSA30を中国に売却した模様
 総額20億ドル。160キロ先から飛行中の航空機を撃墜できるシロモノ

 ビジネスウィーク・ブルームバーグ(4月4日付け)に拠ればロシアは20億ドル相当の高性能ミサイルを中国に売却したようである。
 すでに2007年から09年にかけてロシアはS−300ミサイル固体燃料を十五基売却しており、中国からみれば、1990年代初頭からの累積で27基の固体燃料を購入した計算となる。
 S―300は西側コード名が「SA30」。
これは飛行中の航空機を160キロ先から撃墜できる。ステルス化を米国がいそぐ理由は、このロシア製ミサイルの驚異から戦闘機、爆撃機をまもるためである。
 ということは我が自衛隊の保持するF15迎撃機はもはや中国空軍にとって脅威ではなくなったことを意味する。
 米国はF22ステルス開発を中断し、F35開発に切り替えるが、この高性能ステルス機を日本に供与するか、どうかは不明。
(だって普天間基地で揉めていて、鳩山の信用はゼロ、おまけにイージス艦の機密を自衛隊員がハニートラップに引っかかりシナの女スパイにばらしてしまった国でもありますからね)。

 地政学的にはF35の使い勝手に疑問符が付きますが、打ち落とされると分かり切ったF15Jに大切な自衛官を乗せるわけにはいかないですからね、絶対に。今この瞬間に丸腰になってるも同然のパイロットに、防衛相はどんな訓示を垂れやがりますか?

posted by あんぽんたん at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/145863869
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。