2010年03月30日

不穏分子を特定できない中国公安

 折しも、ロシアで爆破テロが有ったわけです。こんな幕引きは吉凶で言えば凶と出る筈。それでも収束させたのは明らかに対日の報道である証ともなりましたな。

宮崎正弘の国際ニュース・早読み
 平成22年(2010年)3月30日(火曜日)通巻2924号
奇々怪々、謎だらけの毒餃子事件「解決」?
 中国は何が目的で、つぎに何を狙って手打ちを急いだか?

 毒餃子事件は2008年初頭のはなし、中国は「犯行は日本で行われた」ととてつもない強弁をもって幕引きを図ろうとした。なぜか直後に日本のスーパーで注射器が発見されたり。
 ところが中国国内でも被害者が続出し中国の公安当局は顔色を変える
 
 捜査は二年に及んだ。犯人の検討は最初から付いていた形跡がある。
 第一に天洋食品という国有企業の「格」の問題がある。当該企業には「社長という表の顔の裏に書記が共産党から派遣されている。末端の行政単為でもそうであるように、たとえば市長より市書記のほうが格段に政治力が上である。

 第二に地元の公安責任者が捜査途中で他に飛ばされた。捜査の責任者は中央からやってきて仕切り直しをしている。
つまり地元公安と企業幹部とが組んでの過去の捜査を振り出しにもどした。地元公安は中央の顔色をみていた

 第三は、この事件を「どういうストーリーで解決させるか」という問題が浮上する。
 真相はどうでもいいことで、いかなる物語をでっち上げて日本に呑み込ませるかが最大の政治課題なのである。

 犯人は待遇に不満、ボーナスが貰えない、実家が貧乏という、日本の同情を誘うような人物が良い(おそらく単独犯ではないだろう)。かくて物語は作られた。

 犯人は16日に自白した、という。スケープゴートにされたのだが、裏取引があったとも考えられる。

 27日深夜には鳩山首相に伝えられ28日に公安の記者会見(新華社も来たが、殆どは日本のメディア)、そして29日早々には鳩山首相と岡田外相の談話が手際よく発表される。「解決にいたった捜査努力を評価し、中国政府の努力に感謝したい」。

29日の中国メディアはトップ扱い(たとえば人民網電子版)。
 「これで解決した」という公式発表となる。
 (誰だ、こんなシナリオを演出したのは?)

posted by あんぽんたん at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。