2010年02月03日

日本の国内問題として念頭に置くべき事


 もう、一昔前の話。
 駐在中の通訳に北系の朝鮮族が一人居た。恐ろしくナチュラルな日本語を話した。北京語と朝鮮語のどちらがネイティブか自分でも分らないと言い、日本語は簡単だからすぐ憶えられた、広東語を勉強中でそちらの方が難しいとも言っていた。
 ある日の雑談中、何のてらいも無く、日本に叔父が居ると話した。10年以上行ったきりだと。仕事かと訊くと、「まあ、仕事です」と答えた。これだけナチュラルな日本語を使いながらの「まあ」は非常に気になる。更に色々訊いてみると、ビザも無いらしく、どうやら蜜入国らしい。何時、どうやって帰るのかも分らないようだった。ここまで、何の罪の意識も無い。
「だって、しょうがないじゃないですか」
「大丈夫ですよ」
 傍に居た日本語の分る漢族のまともな同僚は、何ともばつの悪そうな表情をして困っていた。

 日本はちっとも大丈夫じゃない。
 何故こうなってしまうのか。日本人の意識、或いは国家の姿勢。退化に退化を重ねて来た背景に、何かしらの国際レベルの懐柔、操作が有ったろうとは誰もが思うだろうが、想像以上だと肝に銘じておくべきだろう。
 件の叔父さんが単なる密入国者でしかない事を祈るばかり。

posted by あんぽんたん at 03:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。