2010年02月02日

人民の為に必要なのは誰か、人民が声を挙げるべき

宮崎正弘の国際ニュース・早読み 
 平成22年(2010年)2月2日(火曜日)通巻2859号
重慶の汚職摘発で勇名を馳せた薄き来は「北京上層部には迷惑」
 薄重慶書記の中央抜擢はあり得ない、と北京は姑息な結論に達した

 北京上層部の消息筋は次の雰囲気であることを『博聞新聞網』(2月2日)が伝えた。
 党中央は『汚職追放』をスローガンに賄賂・収賄を禁止し、幹部の汚職を追放せよと地方幹部に命じた。
 これは毛沢東以来の共産党政治の悲願でもある。

昨年夏、この呼びかけに忠実に呼応して重慶市にはびこった地元マフィア1500余名(そのなかには重慶市全人代代表も含まれた)を一網打尽とした薄き来(重慶市書記)は国民から「シナ版大岡越前」と賞賛された。

 北京の上層部は、この遣り方に『不安』を感じた。
 守旧派にとっては急激な改革はどのみち迷惑であるに違いない。

 つまり汚職追放は政治的スローガンであっても、かけ声だけで、文字通りもし厳密に適用されたら汚職容疑にひっかかる幹部は全員なのだから、不安になるのは当然だろう。

 薄き来は、これによりつぎの出世が野心にあり、次に中央政治局常任委員への突破口をねらったばかりか、第十八回共産党大会ではすくなくとも首相の座を確保しようとした。

小沢某は国民の税金をくすねてちまちまと貯めた数億円で沖縄の米軍基地移転先の土地の購入までしていたそうだから、不動産屋に転業した方がよほど良いと考えられるが、中国では小沢程度の汚職なんぞ、そのへんの木っ端役人がやっていることである。

 さて北京上層部にとって、厳密に汚職粛正などやってもらうと困るのだ。
 国民の喝采をあびて党の秩序を乱すのもこまる。なにしろ、習近平次期総書記、李克強次期首相でほぼ人事は固まっているのであり、これ以上の攪乱も困る。
 どうも波乱を好まない胡錦涛執行部は、人事による波乱より安定が望ましいらしいのである。

 というわけで、薄き来の次期首相入りは難しいというのが現在の北京の雰囲気であるという。
 さもありなん。権力とカネの癒着を趙紫陽は「権銭交易」と比喩したが、まさに現在の中国の政治は、これに近いと言えるだろう。

 だからこそ、薄熙来さんの登壇を願っているのだが。小沢と同じ穴の狢の習なんかぶっ飛ばして頂きたいもんである。

posted by あんぽんたん at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。