2009年12月08日

日本外交の敗北

 突き刺さる言葉だが、またか、の感。
 今回も、台湾の向こうに在る中共様に屈服の巻〜。
 もう日本政府は駄目。再起不能。諦めました。

宮崎正弘の国際ニュース・早読み 
 平成21年(2009年)12月8日(火曜日)貳
台湾の日本代表=齋藤氏更迭は日本外交の敗北ではないのか?
  今井新代表は「宮本北京大使の同級生」だから「日本は台湾重視」だって

 8日付け各紙は駐台湾日本代表(交流協会代表=事実上の日本大使)が齋藤正樹氏から今井正氏に交代することを論評抜きで報じている。

 背景にあるのは五月に齋藤代表が嘉義大学でおこなわれたシンポジウムの席上「台湾の国際的地位は未定」と日本政府の所見をのべたことに対して、馬英九総統が強く反発し、面会拒否を続けたことによる。
暗黙の大使更迭要求ともとれた。

 台湾は日本がサンフランシスコ講和条約で放棄したが帰属は未定であり現在の中華民国なる存在は国際法上合法性はない
蒋介石が台湾へ逃げ込んだあとに「中華民国」の領土として既成事実化したものつまり日本の外交解釈に厳密に従えば齋藤代表の見解が正しいのである

 ところが日本外務省はなんと馬の暗黙の辞任要求に屈服するかのように齋藤氏の更迭をきめ新しい台湾代表に今井正前沖縄担当大使を送り込むことを内定、すでに12月2日の時点で台湾各紙が伝えていた。

 曰く「今井氏は宮本雄二駐北京大使の同期生であり、いかに日本が台湾を重視しているかの現れである。たしかに今井氏は両岸関係に詳しくないが、日台関係の修復に前向きであり、日本の高層の台湾重視を反映している。なぜなら今井氏はイスラエル、マレーシア大使を歴任し、南アジア通だから」(連合報、12月5日)。

 曰く。「齋藤代表の“離任”は日本の善意の現れ。過去十年きわめて友好的だった日台関係が停滞する失言をなした齋藤氏にかわって今井氏が台湾に赴任するのは日本が正常化をのぞむ証拠である」(中国時報、12月3日付け)。

 こうした解釈は“お笑い草”と言って良いだろう。
 筆者が十月に北京に滞在した折、何人かの事情通に聞くと、宮本大使の現地での評判は最悪に近かった。そんなことより、台湾が北京におもねっている心理が見え隠れする論評この分析は台湾が北京に遜っている心理を如実に物語る
また同時に日本の外務省が台湾の要求を呑んだことは外交的敗北ではないのか?

 もう国際法上とかまどろっこしい事を考えるのは止めたら?
 国際法上の独立国の首相の筈が、駐在大使にお目玉喰らってあたふたしてる、そんな飯事みたいな国なんだから。
posted by あんぽんたん at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。