2009年10月25日

モーターショーではなくモータリゼーションショーを

第41回東京モーターショー

 海外メーカーが出展しないのは、出展料が高いからでも、出展する物が無いからでもなく、日本市場がそういう評価を受けているという事に他ならない。
 単に渋ちんになった、貧しくなったと捉える向きが多いが、流石にメーカーはそんなにアホではないだろう。日本市場は既に有力ブランドの浸透が完了し、金を掛けても更なる宣伝の効果は薄い。また、左傾化した社会情勢から、金持ち叩きが進むであろう事も想像に難くない。富裕層がターゲットであればあるほど、宣伝は逆効果とも言える。つまり、モーターショーで見せ付ける様な戦略で車を売るのは日本市場にマッチしなくなったわけだ。

 モーターショーは本来は見本市だ。眺めるしか出来ないコンセプトカーなんぞは写真で見れば済むし、ショールームで見られる車が並んでいても有り難味など無い。部品の展示は意味深いと思うが、一般的な興味の対象ではない。メーカーの展示はもう所謂ショーにはならない。珍車のショーの方がよっぽど楽しめる内容かも知れない。
 東京モーターショーは本来の見本市に立ち返り、インフラを含めた将来のモータリゼーション提案の場にしてみてはどうなのだろうか。客足を気にするのを止め、未来のモータリゼーション環境として、ローエミッションの交通や物流のシステムをシミュレート出来る場を作ってこそ、日本でモーターショーを行う意義が有ろうというものだ。

 省エネ、エコと言葉は変遷しても、人体も含めた環境に配慮した社会を目指す事は普遍の価値観だろう。闇雲なCO2叩きで似非環境利権に加担するよりも、一般人にはまずは本当の事の啓蒙の場が必要な筈だ。
 これが日本のモーターショーだ、という催しを持ちたいと、無茶と思える国際公約をした首相は考えないのだろうか。
posted by あんぽんたん at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。