2010年06月23日

経済を突き詰めると渉外能力に行き着く

 宮沢さんは経済のプロだった。賛否は別にして、今頃現実が追いついて来ている。経済のプロ政治家が今の内閣には居ないと思う。与党内で経済に明確な理論を持っていたのは藤井さんだけだったと思うが、それを切ってしまった民主党の愚かさ。経済の指針を是非でなく有無で問わなければならないとは情け無い。

宮崎正弘の国際ニュース・早読み
 平成22年(2010)6月23日(水曜日)通巻3003号 
巧妙な、あまりに巧妙な中国の人民元切り上げ圧力回避演出
 トロントG20の喫緊議題から「人民元切り上げ」論議を外した

 週末のG20(トロント)ではユーロ危機の対応と銀行間の国際的規制強化が議題となるが、人民元問題は巧妙に外された。胡錦濤はカナダへ先乗りし、事前工作を周到に根回ししたようだ。

 オバマ政権は切り上げのジェスチャーにともかく満足し、ガイトナー米財務長官は「中国の迅速でダイナミックな決定が事態打開におおきく動いた」などと中国を高く評価する。まるでおべんちゃらのようだ。
「インド、ブラジルなどの『人民元の切り上げペースが遅い』という批判も同時に中国はかわした」(NYタイムズ、6月23日)。

 とりわけ米議会からの人民元切り上げ圧力に対しての、北京の素速い対応は、20日、唐突に変動枠を0・01%から0・5%へと変動させると発表したことで、国際的な投機筋の足下をすくった。

直前までに投機筋は人民元の切り上げを見越して、韓国ウォン、香港ドルなど人民元の「周辺」の通貨を仕掛けてきた。
 韓国とタイは短期の通貨取引に規制をかけて対応した。

 21日に中国の為替市場が開かれると、予想に反して人民元の切り上げのペースが弱く、0・5%枠内に収まる。推測だが、おそらく猛烈なドル買いを中国当局がおこなった結果だろう。

 つぎなる問題はAFM(アジア通貨基金)に移った。
 もともと97年アジア通貨危機に直面したおり、日本がIMFだけではアジア経済を資金的に円滑化することはできないうえ、通貨変動の混乱調整に期待がもてないと、宮沢構想(アジア通貨基金の構築)を提唱した経緯がある。

 最初のG7が70年代の石油危機により設立されたようにG20は1997年のアジア通貨危機の教訓から誕生した。
 ながらく休眠したが、08年のリーマン・ショック直後から再開し、ピッツバーグ、ロンドンと場所を移しながら重要課題と国際責任を加盟国が分かち合う。 


 ▲日本の主導に不快感をしめるのは米国と中国だ

宮沢構想ではIMFの地域版としてのAMF(アジア通貨基金)設立だったが、米国への根回し不足により、クリントン政権は「APECが既にあり、IMFが機能しているのに屋上屋を重ねるかのような『AMF』は不要だ」と露骨に反対し、日本案は頓挫した。

じつは背後で強烈に反対したのは中国だった。
中国は日本のイニシアティブにはすべて徹底的に反対するのである。05年、日本の国連常任理事会入りを露骨な反日デモを組織化して反対し、つぶしたように。

 しかしASEAN10ヶ国は日本の期待が大きく、宮沢構想が変形し、おおきく迂回したものの、その後のチェンマイ・イニチアティブにより「アジア通貨基金」の実務的第一歩として、情報網、監視機関の設立がなされ、具体的ステップが始まる。
 
 2009年に合意されたAMF構想は1200億ドル。
出資額の応じた投票権は日中が対等(それぞれ28・4%)、韓国が14・7%,そしてASEAN正式メンバーの十カ国が残りの28・4%を分け合う(シンガポール、インドネシア、マレーシア、タイが対等のシェアとする)。

 域内のマクロ経済調査研究所をシンガポールに設立し、財政、資金調整などを監視し、タイミングを計った提案を適宜提出することが決められた。そしてEUからユーロへの沿革があるように、アジア統一通貨も視野にはいった筈だった。
 ところがアジア統一通貨はユーロの破綻により、現在のところ、語る人もいなくなった。

しかも、この間に際立って露呈した矛盾は、各国が変動相場制に移行しているにもかかわらず中国だけがドルペッグ(固定制)を変更していないということだった。

 さらにインドが経済力を急進させて南アジア経済をゆらす影響力をもち、もうひとつはミャンマーの孤立化と中国の支援、川下産業として繊維などで発展するバングラデシュの台頭。
ASEANプラス3(日中韓)はかような矛盾を束にしながらも、或る方向に前進しつつある。


posted by あんぽんたん at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

輸出組は良いが、投資組は撤退しようにもにっちもさっちも行きません

宮崎正弘の国際ニュース・早読み
 平成22年(2010)6月21日(月曜日)通巻3001号(三千号突破記念号)
さぁ、人民元がいよいよ今日から切り上げ。年内3%目標というが
 0・01%から0・5%(一日の変動幅制限)では、米国もIMFも不満

 ビッグニュース。2010年6月20日、午後(つまり日曜日)、中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁は記者会見し、21日の取引開始時間(日本時間、21日午前十時)より、中国の通貨=人民元の対ドルレートの変動幅を、過去二年間厳重に制限してきた0・01%から0・5%に変動させるとした。

 2008年9月のリーマンショック直前まで、人民元は「管理された、変動相場制」だった。05年7月1日に2・1%の切り上げの後、徐々に徐々に人民元の為替レートは上昇してきたものの、リーマンショック以後の二年間はほぼ「固定」されたままだった。

 米国は中国に強く人民元切り上げ圧力をかけてきたが、北京はどこ吹く風と批判をそらし、通貨は主権問題、外国からどうこう言われて(日本のように)為替レートを変化させたりはしない、と突っぱねた。

 米議会の怒りは強く、NY選出(ウォール街の代弁者)のチャールズ・シューマー上院議員は人民元の30%の切り上げを要求し、「もし中国が飲まないのであれば、中国からの輸入品すべてに一斉に27・5%の『報復関税』をかける法案を準備してきた。

ナンシー・ペロシ下院議長も『我慢の限界』と言明していた。IMFは『人民元は20%程度、過小評価されている』と報告書をだし、オバマ政権内部でも「これ以上、議会の声を対中政策に反映しないのはまずい」という判断に傾く。

そして先週(6月第三週)、香港の人民元先物取引で、人民元レートが上昇傾向に転じた。マーケットが地殻変動の予兆を示し、ついに日曜日という異例のタイミングを撰んで切り上げの発表となる。

年内に3%切り上げという観測が根強いが、市場はいったん切り上げ傾向となれば、毎日0・5%の範囲内で上昇傾向がつづくであろうから、けっきょくは年内5%以上に結果するのではないのか。

 行くも地獄、戻るも地獄。
 官製デフレを起こさなければならなくなったのだが、よくよく考えれば、偽札を、撲滅するまで行かずとも、それなりに取り締まるだけでそれに近い効果が有るんじゃないか?と、ふと思った次第。

posted by あんぽんたん at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

そもそも天皇陛下にお辞儀するのかね

 あと、自衛隊にも敬礼できるかどうかも。

宮崎正弘の国際ニュース・早読み
 平成22年(2010)6月4日(金曜日)通巻2981号
君が代を歌わない男が日本の政治を担う恐ろしさ
 極左活動家から「市民」運動、所詮は左翼小児病患者=菅直人

 民主党は参議院選挙で惨敗の予定だった。鳩山辞任直前までの世論調査は、一人区でかろうじて三名、全体でも29議席という予測が多かった。
 この劣勢を盛り返すにはイメージをかえる作戦に出るしかない。鳩山は最後にようやく決断をした。

おそらく首相としてはじめて自分が下した決断が「職を辞する」判断だったのだろう。そのうえ彼は「次の選挙にも出ない」という決意をしめし、国民をひどく安堵させた。宇宙人はもう懲り懲りだから。

 今夜、発足予定の菅直人政権は、その顔ぶれによって印象の濃淡はでるだろうが、5−6%ほど支持率を回復させるだろう。

万が一、樽床伸二が指名されても、かれは松下政経塾あがりの若さが売り物とはいえ、地方分権万歳の国家解体指向組だから同様なものだろう。

 若干の支持率回復となると、その分はこれまでの世論調査で「独走」してきた「みんなの党」の票が食われるだけである。
もともと「みんなの党」が伸びても、かれらは地方分権、日本解体をもくろむ点では第二民主党であり、全体を俯瞰すればほとんど変化はない。

 問題は菅直人である。
 かれは左翼活動家あがりいまも政治的思想は左翼しかも経済財政政策はまったくわからない

市場は管が「円安を主張しているから」として、やや歓迎気味だが、短期眼での判断でしかトレーダーは動かない。

 およそ世界を見渡して常識でもなく、普通の国では起こりえないことが日本でおころうとしている。
すなわち政権を担おうとする政治家が自国の国歌を歌わないという異常な信念を持つ男を首班にしてよいのか?

 菅直人は或る信念を持って君が代を歌わない政治家である
 野党諸兄、国会での最初の質問は、リトマス試験紙替わりに、菅直人に君が代を歌わせることではないのか。


posted by あんぽんたん at 18:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。