2010年02月15日

たられば


「財源はあくまでも歳出削減」

 絵空事を財源と言い張るのは、遣らないと言ってるのと同じ。子供手当てなんて無茶な愚民政策案はとっとと引っ込めなさいよ。もしくはアンタの私財を拠出して無料学校でも作れば?

posted by あんぽんたん at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

脱電磁波カルト

宮崎正弘の国際ニュース・早読み 
 平成22年(2010年)2月14日(日曜日)通巻2874号 日曜版特大号
(読者の声1)小生、強電磁界環境下で安定動作するアナログ電子機器開発の実績を有する現役エンジニアです。
最近、本欄で電磁波の生体への暴露問題が取りざたされておりますが、専門性の高いテーマで読者の皆様も困惑気味と推察いたします。身近なところを引き合いにこの問題の妥当性を検証してみましょう。
目下m話題の新型プリウスの電気モーターの最大出力は60KW(時間定格、連続ではありません)です。
周知のようにこのモーターは、高速スイッチング動作によるインバータ回路で駆動され、不可避的に電磁波が発生しております。
これが取りざたされておりますが、同車においては電磁ノイズに敏感なアナログ放送である中波(AM)ラジオが受信できる程度に電磁波輻射を押えこんでおりますので、生体にダメージを与える電磁波が残存しているとはとても思えません。
JR最強の電気機関車(EF210)は出力6,000KW、皆さんが日常利用される通勤車両では動力車1両あたり400KWの動力用電気モーターがすでに巨大なインバーター回路による制御が行われております。
ハイブリッドカー登場以前よりこれらの鉄道車両において、この種の動力用インバーター回路の電磁波問題に関しては、充分な実績が積まれていると思いますがいかがでしょうか。
むしろ電磁波輻射を主目的とする通信機器を検証してみましょう。
(某HPより引用開始)
「PDC携帯電話は最大の出力が800mWであるのに対して,PHSは80mWであります。(PDC携帯電話は電波を時分割して800mWを3ユーザで共有するので,一つの端末の出力は3分の1の約270mWと見ることもできる)。
計測点から10cm離した場所で着信時の値を比べたところ,PDC携帯電話が約9V/mに対して,PHSは約1.8V/mでありました」。
(以上引用おわり)
この値をもって生体へのダメージ検証の妥当性について考察します。
たとえば沖縄の日本復帰前まで存在していた米国国務省管轄の対共産圏向け放送局、「Voice Of America(通称VOA)」では当時、送信出力1,000KWという途方もないハイパワーで放送をしていた為、近隣の集落では、アンテナを上げてその電波で家庭の電源をまかなっていたという事もあったようです。
少なくとも放送内容に合わせてトタン板がガタガタ鳴ったり、蛍光灯が十分に点灯したとのことですから数100〜数1,000V/mの電界強度が発生、常時生体へ暴露していたはずです。
この周辺の皆様の当時の健康状態を調べて頂くと、自ずと結果は出てくるのでは無いでしょうか。ちなみに、現在の一般的なラジオ局の出力は、5〜10KW位、大都市圏で50〜100KW、一部のNHKのみ500KWとの事です。
健康被害を訴えて住民運動にならないのが不思議ですね。
この種の問題を取り上げるのであれば、限局されますが、MRI検査の被験者ならびに作業者、酸化アルミニウム電解還元の現場作業者の電磁波暴露問題の方が筋が良いのではありませんか。
従って本件は地球温暖化CO2元凶説と同じ極めて政治的なテーマであるといえます。
安全、環境無視の支那発の情報もにぎやかでありますし・・・似非科学等でみられるバクスター効果の一種でしょう。
賢明な読者の皆さま方は扇情報道に不和雷同されぬようご注意くだい。
参考 URL
http://www.ieice.org/jpn/books/kaishikiji/200104/20010401-6.html
  (横浜NF)


posted by あんぽんたん at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

日本の国内問題として念頭に置くべき事


 もう、一昔前の話。
 駐在中の通訳に北系の朝鮮族が一人居た。恐ろしくナチュラルな日本語を話した。北京語と朝鮮語のどちらがネイティブか自分でも分らないと言い、日本語は簡単だからすぐ憶えられた、広東語を勉強中でそちらの方が難しいとも言っていた。
 ある日の雑談中、何のてらいも無く、日本に叔父が居ると話した。10年以上行ったきりだと。仕事かと訊くと、「まあ、仕事です」と答えた。これだけナチュラルな日本語を使いながらの「まあ」は非常に気になる。更に色々訊いてみると、ビザも無いらしく、どうやら蜜入国らしい。何時、どうやって帰るのかも分らないようだった。ここまで、何の罪の意識も無い。
「だって、しょうがないじゃないですか」
「大丈夫ですよ」
 傍に居た日本語の分る漢族のまともな同僚は、何ともばつの悪そうな表情をして困っていた。

 日本はちっとも大丈夫じゃない。
 何故こうなってしまうのか。日本人の意識、或いは国家の姿勢。退化に退化を重ねて来た背景に、何かしらの国際レベルの懐柔、操作が有ったろうとは誰もが思うだろうが、想像以上だと肝に銘じておくべきだろう。
 件の叔父さんが単なる密入国者でしかない事を祈るばかり。

posted by あんぽんたん at 03:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

野党が与党幹事長を独裁者と呼んだくらいでガタガタぬかす奴は中共以下


 上海に帰って大丈夫なのかと、そればかり気になるわけだが、家族が人質では・・。以下の記事の様な動きは馮正虎氏へ向けた飴でもあるのか?

中国元党幹部ら、劉氏への判決批判

posted by あんぽんたん at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人民の為に必要なのは誰か、人民が声を挙げるべき

宮崎正弘の国際ニュース・早読み 
 平成22年(2010年)2月2日(火曜日)通巻2859号
重慶の汚職摘発で勇名を馳せた薄き来は「北京上層部には迷惑」
 薄重慶書記の中央抜擢はあり得ない、と北京は姑息な結論に達した

 北京上層部の消息筋は次の雰囲気であることを『博聞新聞網』(2月2日)が伝えた。
 党中央は『汚職追放』をスローガンに賄賂・収賄を禁止し、幹部の汚職を追放せよと地方幹部に命じた。
 これは毛沢東以来の共産党政治の悲願でもある。

昨年夏、この呼びかけに忠実に呼応して重慶市にはびこった地元マフィア1500余名(そのなかには重慶市全人代代表も含まれた)を一網打尽とした薄き来(重慶市書記)は国民から「シナ版大岡越前」と賞賛された。

 北京の上層部は、この遣り方に『不安』を感じた。
 守旧派にとっては急激な改革はどのみち迷惑であるに違いない。

 つまり汚職追放は政治的スローガンであっても、かけ声だけで、文字通りもし厳密に適用されたら汚職容疑にひっかかる幹部は全員なのだから、不安になるのは当然だろう。

 薄き来は、これによりつぎの出世が野心にあり、次に中央政治局常任委員への突破口をねらったばかりか、第十八回共産党大会ではすくなくとも首相の座を確保しようとした。

小沢某は国民の税金をくすねてちまちまと貯めた数億円で沖縄の米軍基地移転先の土地の購入までしていたそうだから、不動産屋に転業した方がよほど良いと考えられるが、中国では小沢程度の汚職なんぞ、そのへんの木っ端役人がやっていることである。

 さて北京上層部にとって、厳密に汚職粛正などやってもらうと困るのだ。
 国民の喝采をあびて党の秩序を乱すのもこまる。なにしろ、習近平次期総書記、李克強次期首相でほぼ人事は固まっているのであり、これ以上の攪乱も困る。
 どうも波乱を好まない胡錦涛執行部は、人事による波乱より安定が望ましいらしいのである。

 というわけで、薄き来の次期首相入りは難しいというのが現在の北京の雰囲気であるという。
 さもありなん。権力とカネの癒着を趙紫陽は「権銭交易」と比喩したが、まさに現在の中国の政治は、これに近いと言えるだろう。

 だからこそ、薄熙来さんの登壇を願っているのだが。小沢と同じ穴の狢の習なんかぶっ飛ばして頂きたいもんである。

posted by あんぽんたん at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。